【問題です】一般道で鹿児島から北海道の旭川まで走ると何日かかる?

トラック

正解は4日あれば余裕で走れます。

(昔より労基が厳しくなったので、今はトラックで一般道だと無理かも。)

こんにちは、ikuzo(いくぞう)です。

今回は久々のトラックネタです。

 

私がトラックドライバーになって早いもので25年、これまでに地球を50周以上走ってきました。

正確に測ったわけではないですが、年間の走行距離から計算して少なくても地球を50回はグルグルしてます。

光なら1秒間に地球を7周半なので7秒程度ですが、私は25年かかりました。

まぁ、比べてもしょうがないですね。

 

そんな中、一番思い出に残る仕事といえば

九州の鹿児島から北海道の旭川まで「オール一般道」を走った仕事です。

プライベートではなかなかできない経験だったので、仕事といえ、あれは楽しかったです。

いったい何日かかるかは1行目に書いたので、何時間かかって距離は何キロくらいあると思いますか。

今後、そのような体験をしようと考えている物好きな人もいるかもしれないので、

この記事が何かの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

鹿児島から旭川まで走ったルート

鹿児島から旭川までは

九州は国道3号線、本州は日本海側の国道を、北海道は国道5号線と12号線を走りました。

鹿児島から旭川まで走ったルート

途中、九州から本州に渡る際と、本州から北海道に渡る際には2つの海があるので、

そこだけはお金を使ってます。

 

九州から本州へ車で渡るには「関門橋かんもんきょう」か「関門トンネル」のどちらかです。

この2つの違いは「関門橋」は高速道路で、「関門トンネル」は国道2号線なんですね。

関門橋を走るには最短でも門司港もじこうICと下関IC間の高速道路を利用しなければならず、その場合の普通車の料金は370円です(ETCならもっと安い)。

高速道路の門司港ICと下関IC間は4.3kmほどですが、途中景色のよい「壇ノ浦だんのうらPA」があります。

一方の海の下をくぐる関門トンネルは普通車が160円で、歩行者(無料)や自転車(20円)も利用できます。

 

本州から北海道に渡るフェリー航路はいくつかあるものの、私は「青函フェリー」(青森~函館)を選びました。

なぜなら、日本縦断の気分をなるべく味わいたかったのと、青森の「まるかいラーメン」を食べたかったから、ただそれだけです。

あとはお金のかからない一般道(無料開放の高速道路を含む)だけを走りました。

このルートで鹿児島から旭川までは2,300kmくらいです。

鹿児島から旭川まで一般道での所要時間

4日間の行程は大体こんな感じでした。

  区間 距離 所要時間
1日目 鹿児島~山口 350km 10時間
2日目 山口~富山 800km 16時間
3日目 富山~青森 750km 15時間
4日目 函館~旭川 350km 8時間

特に飛ばしたわけではなく、日本海側は交通量が少ないのでこれくらいのペースで走れてしまうんですね。

なので、鹿児島から旭川までは、一般道でもおおよそ50時間くらいです。

これをやったのはもう20年くらい前で、今なら無料で使える高速道路が日本海側に増えたので、もう少し時間が短縮できるかもしれません。

山口県の国道9号線、新潟県の糸魚川いといがわ~上越間、同じく新潟県の村上~山形県の鶴岡あたりは信号が少なく、特に気持ちよく走れるので、ここは居眠り注意です。

おすすめの立ち寄りたいスポット

今回のルート上にあってトラックが駐車できる、私がよく立ち寄っていたお店などをいくつか紹介します。

丸幸ラーメンセンター(佐賀県)

国道3号線沿いにある有名なお店です。

10kmちょっと南には「丸星まるぼしラーメン」もあったものの、私はいつも「丸幸まるこうラーメン」でした。

今になると一回くらいは「丸星」にもいっておけばよかったなと思います。

20年くらい前はラーメンに替玉を頼んでも500円でお釣りがくるという安さでしたが、

さすがに今は値上げしてそれでもラーメンが470円という安さみたいですね。

丸幸の魅力は、この方の記事に書いてあります。

【丸幸ラーメンセンター】国道系ラーメンの一角は健在! 半世紀を超えて愛され続ける一杯 | メンムスビ
佐賀県三養基郡にある、「丸幸ラーメンセンター 基山本店」 をご紹介します。 昭和40年(1965年)に創業、既に半世紀以上の歴史を持つ老舗ブランド。 "国道3号線沿いで24時間営業" の "国道系ラーメン" と呼ばれるツートップが、「丸星ラーメン (丸星中華そばセンター)」 と 今回の 「丸幸ラーメンセンター」 です。

公園食堂おおさか(鳥取県)

国道9号線を米子から鳥取市方面に向かうと左側にあります。

陳列棚いっぱいにおかずがあり、店に入ればすぐに自分の好きなものをチョイスして食べ始めることができたので、時間のない時は大助かりでした。

棚にないものはメニューを見てオーダーできます。

以前、太川&蛭子コンビも「ローカル路線バスの旅」の第8弾で立ち寄ってました。

ローカル路線バスの旅:テレビ東京
土曜スペシャルの人気番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」特設サイト!意外と知らない旅の基本ルールや懐かしの過去回のルート、伝説の名場面集などファン必見のコンテンツが盛りだくさん!

栄食堂(富山県)

新潟県との県境近くにある食堂です。

有名なのはアルミ鍋で提供される「たら汁」(800円)です。

もう何年も前から値段変わってません。

ここもショーケースに美味しそうなおかずが並んでいるので「どれにしようかな」と迷います。

他にもトラックのとめられる食堂が、近くに数軒あります。

栄食堂|あさひ暮らし旅〈朝日町観光協会 公式 観光情報サイト〉
地元民に愛される人気店。注文を受けてから作るタラ汁は、アルミ鍋でドンッと提供され2~3人分の量に驚きます。ショーケースに数々並ぶ海の幸やお惣菜を、どれにしようか選ぶ楽しみも。

道の駅象潟ねむの丘(秋田県)

国道7号線にはお風呂に入れる道の駅がいくつかありますが、

私のおすすめは断然「象潟きさかたねむの丘」です。

4階にある展望温泉からは、目の前に広がる日本海が一望できます。

しかもサウナまでありながら、入浴料は350円と超破格です。

これ以上コスパのいい温泉を私は知らないです。

道の駅象潟「ねむの丘」展望温泉
道の駅象潟「ねむの丘」の展望温泉を紹介しています。

最後に

私の会社は神奈川にあるので、この時はまず長崎に行って、それから鹿児島から旭川まで走り、札幌で荷物を積んで関東に戻ってくるという約10日間の運行でした。

一般の人からすると「大変だな」と思われるかもしれませんが、運転するのが根っから好きなのでとても楽しい思い出です。

妻は、旦那が10日分の洗濯物と一緒に帰ってきたので楽しくなかったと思いますが(笑)

ちなみに会社から「高速道路を使ってはいけません」と言われたわけではありません。

時間に余裕があったので、好き好んで一般道を走ったんです。

運転がお好きで、時間のある方はぜひ。

一般道だけの旅もいいものですよ。

コメント