【まるかいらーめん】青森市にいったらココ!煮干し香る至福のラーメン

まるかいらーめん 青森

こんにちは、ikuzo(いくぞう)です。

今回紹介するのは私が愛してやまない、青森市にある「まるかいらーめん」です。

現在は東京に住んでいるので食べるのは年に1、2回になってしまいましたが、40年くらい通っているお店で、青森に帰った時は必ず食べてます。

まるかい」の文字を見ただけでも、よだれがでるくらい大好きなラーメンです。

スポンサーリンク

お店の場所と営業時間など

お店はアスパムのすぐそばにあります。アスパムとの位置関係はこんな感じです。

まるかいらーめん外観

2016年にリニューアルして、綺麗なお店に生まれ変わりました。

青森駅から歩いて10分くらいの場所にあり、アスパムを目指すと簡単に見つかります。

お店の前には7台分の駐車スペースがあります。

【まるかいらーめん】
住所:青森市安方2丁目2-16
電話:017-722-4104
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜日

店内の様子

まるかいらーめん店内

店内は広々していて、10人座れるテーブルが店の中央にあり、他にカウンター8席、4人用のテーブルが8卓、2人用のテーブルが3卓あります。

合計で56席と、さすがは繁盛店です。

まるかいらーめんのメニュー

まるかいらーめんメニュー

メニューは「醤油らーめん」の大と中、それと「おにぎり」のみです。

お店に入ると「いらっしゃーい!お客さんは?」と店員さんに尋ねられます。

人数を聞かれているわけでなく、注文を聞かれているので「だい」もしくは「ちゅう!」と注文しましょう。

複数注文するときは、「だいふたっつ 」「ちゅうみっつ」(津軽訛りの言い方)、または「だい2」「ちゅう3さん」のように注文すればオッケーです。

ラーメンしかないので、わざわざ「醤油らーめん」と言う必要はありません。

ラーメンは大が650円で中が600円です。

どちらか迷ったら50円の差なので「大」を注文しておけばよろしいかと思います。

その後、注文したラーメンの食券を買って好きな席で待ちます(食券はラーメンと引き換えです)。

まるかいらーめん券売機

おにぎりは食券がないので、店員さんに現金で支払いましょう。

まるかいのラーメン

待望のラーメンが運ばれてきました。

昔は待たされることもありましたが、最近はわりとすぐ出てきます。

まるかいらーめんのラーメン
(写真は大です)

具はネギ、メンマ、チャーシューです。

ラーメンといいつつ、このチャーシューのボリュームは嬉しくないですか?

初めてくるお客さんでチャーシューメンを注文する人がいますが、

店員さんに「ありません」と言われながら出てくるのがコレですからね。

まるかいらーめんの麺
麺は中太で、かん水は使用していません。もちもちしていて、うどんに近い食感です。
消化がいいのか、大を食べても腹持ちはよくないです。
まるかいらーめんのチャーシュー
モモ肉のチャーシューは、やわらかめ。
まるかいラーメンのスープ
まるかいの煮干しスープは他の店よりも酸味が強く、これがクセになります。
醤油は宮内庁御用達のマルキンしょうゆを使用。

スープは昔よりも、うす味になったような気がします。

塩分大好きの青森県では「短命県返上」の取り組みを行ってます。

まるかいでもお客さんの健康を考えて、タレを減らし気味にしているのかもしれません。

まるかいラーメン タレとコショー

といいつつも、テーブルには「かえしだれ」が置いてありますので、もの足りない方はお好みで。(ほどほどに)

昔は10杯以上のラーメンを一気に作り、麺を1杯分ずつ釜から上げていたため、1杯目と10杯目では麺の硬さがまるで違うという当たりハズレもありました。

最近は割と安定してますが、それでも若干の当たりハズレはあるように感じます。

しかし、当たった時は半端ないです。

口の中に余韻が残り、食べたあとも幸福感がしばらく持続する、そんなラーメンです。

まるかいのラーメンは独特なので賛否両論ありますが、私は大好きです。

煮干し好きな方には是非一度、食べていただきたいラーメンです。

まるかいらーめん 旧店舗の店内
おまけ(昔の店内の様子)

コメント