長距離トラックドライバーの「風呂事情」ちゃんと毎日入ってますよ!

アヒル隊長 トラック

こんにちは、トラックドライバーのikuzo(いくぞう)です。

大型トラックで長距離の仕事をしていた頃、「風呂はどうしてるんですか?」という質問をよくされました。

ニュアンス的には「ちゃんと毎日お風呂に入ってるの?悪臭をふりまいたらダメよ!」とも聞こえましたが、なるべく毎日入るようにしてました。

たしかに大きいトラックだと街の中にある銭湯には行けないだろうし、どこで入っているのか一般の方は疑問に思うのかもしれませんね。

 

そこで今回は「長距離トラックドライバーの風呂事情」と題して、

トラックドライバーはどこで風呂やシャワーを利用しているのかを、あなたにこっそり教えちゃいます(別にこっそりする必要はありませんが…)。

 

スポンサーリンク

ガソリンスタンド

長距離のドライバーが一番利用しているのは、ガソリンスタンドのシャワーではないでしょうか。

えっ!?ガソリンスタンドにシャワーがあるの?」と、一般の方はビックリされるかもしれませんが、でもあるんです!

 

ただし、どこのガソリンスタンドにもあるわけではありません。

大型のトラックが利用するような「宇佐美」や「鈴与」といった大きいスタンドには、大抵シャワーや風呂が完備されています。

宇佐美SS
出典:gogo.gs

 

それらのスタンドで給油をすれば、トラックドライバーはシャワーや風呂を無料で使うことができます。

トラックドライバー以外の方は基本的に使用できませんが、従業員の方にお願いすれば利用を許可してくれるスタンドもあるかもしれません。

 

スタンドの入浴施設の利点は、お金をかけずに利用できることです。

逆に難点としては、あまりキチンと掃除してないので少々汚いことでしょうか。

高速道路のお風呂

日本全国で見ても数は少ないですが、お風呂に入れるSA(サービスエリア)があります。

東名高速道路 EXPASA足柄(上り・下り)※上りは宿泊施設あり
名神高速道路 EXPASA多賀(下り)※宿泊施設あり。上りからの利用も可能
中央自動車道 諏訪湖SA(上り・下り)
伊勢湾岸自動車道 刈谷ハイウェイオアシス(上り・下り)

この中で私が一番おススメするのは、愛知県の刈谷ハイウェイオアシスにある「天然温泉かきつばた」です。

天然温泉かきつばた
出典:【公式】天然温泉かきつばた

 

入館料は大人が890円で、外には100円で楽しめる足湯もあります。

高速道路に隣接してますが、高速道路の施設ではないのでビールなどのアルコール類も飲むことができます(ドライバーの方は絶対に飲酒運転はしないで下さい!)。

 

私も以前はよく伊勢湾岸道を走っていたので、毎週のようにここの温泉を利用してました。

刈谷ハイウェイオアシスには高速道路では唯一の「ラーメン横綱」もあり、私の中では素通りできないスポットでした。

高速道路のシャワー

高速道路のSAやPA(パーキングエリア)の何ヶ所かにはコインシャワーが設置してあり、料金は9~10分で200円とリーズナブルに利用できます。
※NEOPASA岡崎のみ、300円で時間制限がありません。

高速道路コインシャワー
出典:株式会社タニモト「東名高速 牧之原SA(上り)(静岡県)

 

中の脱衣所+シャワー室は、せまくて湿気がこもりやすいため、夏場は使い終わると一刻も早く外に出たくなります(笑)

以前はシャワーがあるSAやPAも少なめで10~20分待たされることもありましたが、新東名が開通してからは設置場所も増えたので、かなり改善されたのではないでしょうか。

以下はシャワーのあるSAとPAの一覧です。

東北自動車道 安積PA(上り・下り)
北陸自動車道 徳光PA(下り)※上りからの利用も可能
東名高速道路 中井PA(下り)
東名高速道路 鮎沢PA(上り)
東名高速道路 牧之原SA(上り・下り)
新東名高速道路 NEOPASA駿河湾沼津(上り・下り)
新東名高速道路 NEOPASA静岡(上り・下り)
新東名高速道路 掛川PA(上り・下り)
新東名高速道路 NEOPASA浜松(上り・下り)
新東名高速道路 NEOPASA岡崎(上り・下り)
名神高速道路 EXPASA多賀(下り)※上りからの利用も可能
名神高速道路 草津PA(上り・下り)
新名神高速道路 鈴鹿PA(上り・下り)
山陽自動車道 淡河PA(上り・下り)
山陽自動車道 瀬戸PA(上り)
山陽自動車道 小谷SA(下り)
九州自動車道 吉志PA(下り)

トラックステーション

主に営業用(緑ナンバー)のトラックドライバーが食事や仮眠をとるためのトラックステーションが全国に27ヶ所にあって、そのうち24ヶ所に風呂やシャワーの入浴設備があります。

トラックドライバーよりも利用料金は若干高くなりますが、一般の方でも利用できます。

備え付けのシャンプーやボディソープはありませんので、ご利用の際は持参するのをお忘れなく。
(売店で売っているところもあります。)

ゆっくりくつろげるようなお風呂ではないので、私としては一般の方にはあまりおススメしません。

スポンサーリンク

日帰り温泉や道の駅

地方に行くとトラックが駐車できるくらいの、でっかい駐車場がある入浴施設もあります。

トラックドライバーにとって、時間があってちょっとのんびり過ごしたい時には、うってつけの場所といえるでしょう。

利用料金は日帰り温泉が500~800円くらいで、道の駅にはもっと安いところもあります。

 

私が気に入ってよく立ち寄っていたのは、秋田県にある「道の駅象潟ねむの丘」です。

道の駅象潟ねむの丘
出典:道の駅象潟「ねむの丘」

 

この道の駅は日本海のすぐそばにあり、4Fの展望温泉からは日本海を一望できます。

運がよければ温泉に入りながら、日本海に沈む夕日も見れちゃいます。

こんなにいい場所でサウナまでありながら、料金は350円(毎月26日は300円)と超破格です。

ドライブイン

最後はお風呂のあるドライブインです。

食事をすると無料でお風呂が利用できたり、別料金を支払うところもあります。

お風呂のあとは軽くビールを飲んで美味しい料理を食べて、それからゆっくりと仮眠がとれて、

まさにドライバーにはオアシス的なお店ですね。

ドライブイン南国
出典:山口県山陽小野田市「ドライブイン南国

山口県にある「ドライブイン南国」や「ドライブインみちしお」は貝汁が有名です!

 

最近は「山岡家」の一部店舗のように、シャワールームを設置しているラーメン屋さんもあります。

最後に

いかがだったでしょうか。

トラックドライバーは意外に汗をかいたりホコリにまみれたりする肉体労働なので、

お風呂かシャワーは「極力毎日入りたい!」と思っている人がほとんどだと思います。

 

私自身もなるべく毎日入るようにしてましたが、一度だけ3日間入れないことがありました。

雪の影響で高速道路が通行止めになり、サービスエリアで36時間足止めをくらって3日間お風呂に入れず、そのあとで入ったトラックステーションのお風呂は格別でした。

また、風呂に入れなかった時にどうしても頭だけ洗いたくて、真冬に屋外の水道水で頭を洗ったら、その時は血管が切れるかと思いました(笑)

 

食事だけでなく、お風呂も長距離ドライバーにとっては一つの楽しみです。

しかし、せっかくよさそうな入浴施設があっても車が大きいだけに、駐車できない所も沢山あるんですよね。

長距離のドライバーは初めての場所へ行くと、トラックがとめれそうな食堂や入浴施設を探しながら走ってるんですよ。

コメント