【高速料金の節約】旅行は一般道路のんびり旅がおすすめ

旅行は一般道のんびり旅がおすすめ 交通

こんにちは、トラックドライバーのikuzo(いくぞう)です。

 

みなさんは、車で遠くへ出かけるときは高速道路は使って当たり前なんて思ってませんか?

たしかに高速道路は楽チンですよね。

信号はないし、100km/h前後で走れるし、

悪い点といえば、お金がかかることと、何かあるとすぐ渋滞することくらいでしょうか。

渋滞している高速道路

 

そうなんです。

実際、お金を払ってるのに渋滞に巻き込まれるのは、たまったもんじゃないですよね。

そこで今回は一般道路をもっと活用しよう!というお話です。

私はどこかへ車で旅行に行くときは高速道路と一般道路を半分くらいずつ利用してます。

 

いつも遠方へ出かけるときは大半が高速道路だよ、という方はちょっとこの記事を読んでみて下さい。

高速道路と一般道路を上手に使い分けると、高速料金の節約になりますし、目的地までの移動が楽しくなりますよ!

スポンサーリンク

高速料金と所要時間を比較してみよう

たとえば少し前に自宅がある東京から新潟へ遊びに行ったんですが、

往路の高速代は760円(ETC休日割引料金)でした。

目的地は新潟県屈指のパワースポット「弥彦やひこ神社」で、自宅からは約300kmの道のりです。

弥彦神社
「弥彦神社」

 

高速代からも察しがつくと思いますが、利用した高速道路はわずか34km

弥彦神社までの所要時間は約7時間半でした。

 

仮にすべて高速道路を使うとウチの場合は、

圏央道けんおうどう入間いるまインターから北陸道の三条燕さんじょうつばめインターまでの高速代が4,640円(同じくETC休日割)で、

弥彦神社までは渋滞なしでも約4時間半かかります。

 

なので今回の移動は、

所要時間が3時間増えた代わりに、高速代が3,880円節約できたわけです。

 

高速道路を利用するというのは、お金で時間を買っているようなものです。

せっかく利用するなら、それに見合うだけの価値がないと意味がないですよね。

高速道路を使う、使わないで、時間と高速料金がどれくらい変わってくるのか

出発前に一度、比較、検討してみるといいと思います。

 

目的地までの所要時間や高速料金は、あらかじめ車のナビやNAVITIMEなどで調べることができます。

高速道路の料金はドラぷらでも検索できます。

高速道路を利用した方がよい場所

今回新潟まで走ったルートは、自宅から秩父ちちぶを抜けて埼玉県の本庄児玉ほんじょうこだまインターまで一般道路を、

本庄児玉インターから群馬県の渋川伊香保しぶかわいかほインターまでが高速道路

そこから再び一般道路(国道17号線)で新潟へ向かいました。

 

ちなみにウチの場合は本庄児玉まで一般道を走っただけでも、

所要時間が約1時間増える代わりに、1,170円の節約になります(ETC休日割)。

しかも土曜日の午前中など、下りの高速道路が渋滞する時間帯は

本庄児玉まで一般道路を走っても、さほど所要時間は変わらないかもしれません。

 

ただし、一般道路を走る際の注意点ですが

高速道路が渋滞しているときは、高速道路付近の一般道路も混んでいることが多いです。

こんな時は比較的、高速道路から離れている一般道路を走るのがおすすめです。

もちろん目的地まで、うんと遠回りになるような道だと意味がありませんが…。

 

そして今回、本庄児玉インターから渋川伊香保インター間だけ高速道路を利用した理由ですが、

一般道路を走るとその近辺が一番交通量が多くて時間がかかりそうだったからです。

 

私が積極的に高速道路を利用した方がいいと思うのは、

 交通量の多い場所を通過するとき

 一般道が狭そうな所

 高速道路を使うと大きくショートカットになる場合

の3つです。

 

交通量の多い道や、狭くて曲がりくねった道が続くと燃費も悪化しますし、

知らず知らずのうちに体にも疲れが蓄積されてしまいます。

せっかくの旅行で、そこまでして一般道を走る意味はありません。

「走りにくそうな道だな」と思ったら、躊躇せずに高速道路を使いましょう。

スポンサーリンク

一般道路を走るメリット・デメリット

一般道路を走るメリット・デメリットをまとめてみました。

一般道路を走るメリット

 お金が節約できる

今回のように約4,000円浮くと、家族4人ならまずまずの昼食代になります。

今回、ウチは夫婦2人で出かけたので、途中、新潟県の湯沢ゆざわにある

ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ岩原本店」(長い…)というお店でピザをいただきました。

ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ岩原本店

 

少し話が逸れますが、2020年の1月に「バナナマンのせっかくグルメ!!」で紹介されたのを見て

是非寄ってみたいと思ってたんです。

番組では、俳優の竹内涼真さんと鈴木亮平さんが美味しそうにピザを食べてました。

ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ岩原本店の「ビスマルク」
ピットーレの1番人気、生ハムと卵のピザ「ビスマルク」(2,850円)

 

高速代を節約した分はこのようにピザ+ドリンク代になりました。

 

 色んなところに立ち寄れる

高速道路はSA(サービスエリア)とPA(パーキングエリア)しかありませんが、

一般道路を走るとご飯を食べるところが多彩で、道の駅や観光スポットなどにも立ち寄ることもできます。

時間はかかるものの、移動を楽しみながら目的地へ向かえます。

一般道路を走るデメリット

 ある程度、運転慣れしてる人でないと無理

山道や見知らぬ市街地などを走り、さらには高速道路よりも長い時間運転しなければならないので、

運転する人はそれなりに運転の経験値が必要です。

一人で運転するのは大変ですが、運転できる人が何人かいれば負担は減らせますね。

 

 トイレがない(ところもある)

高速道路は約10分おきにSAかPAがありますが、一般道路は一度山道などに入るとトイレが全然ないところも。

かといって、高速道路も渋滞にハマると同じ目に遭いますが…。

 

 ナビが必需品

走ったことのない一般道路は所要時間の見当がつかず、ナビの予想到着時刻を頼るしかありません。

また、地図とにらめっこしながらの移動は神経を使うので、一般道路はナビがあった方が楽です。

最後に

さきほども申した通り、我が家(というか私)は高速道路を極力使わずに遠くへ出かけることが多いですが、

いつも妻は助手席で「高速を使えばいいのに…」と半分呆れ顔です(笑)

考えてみると20歳の時にバイクで北海道一周したり、

高速道路を使わずに東京から青森まで往復したりしてたのが自分の根っこになっているようです。

もともと運転するのが好きなので、長距離トラックドライバーという仕事を選んだのですね。

 

いつも高速道路で目的地へ向かっている方は、

次回の車での旅行は、移動を楽しむ旅というのはいかがですか?

高速道路はたしかに楽ですが、様々な景色やお店と出会える一般道路は楽しいですよー!

コメント