もしも、Amazonアソシエイトに合格できないときは「もしも」があるよ

もしもアフィリエイトとAmazonアソシエイト ブログ

こんにちは、ikuzo(いくぞう)です。

もう1年くらい前の話ですが、Amazonアソシエイトで10回以上不合格になりました。

申請した時期は記事が30以上あって、同時期に申請したGoogle AdSenseは一発で合格できたのに、

何故かアソシエイトは手を替え品を替え、何回申請しても合格できませんでした。

今、この記事を見ているあなたも合格できずに悩まれているのではないでしょうか?

だったらもう、やめましょう

 

Amazonの商品をブログで紹介して報酬を得たいのなら、アソシエイトに合格できなくても他のASPに登録するという方法もあります。

今回は、もしもアフィリエイトというASPを紹介します。

Amazonアソシエイトと、もしもアフィリエイトの違いや長所・短所を書きましたので比較してみて下さい。

スポンサーリンク

「もしも」の方が審査は甘い?

甘えるネコ

冒頭にも書きましたが、私はAmazonアソシエイトで10回以上審査に落ちました。

はっきり言って原因は分かりませんし、不合格の理由はAmazonも教えてくれません。

Amazonアソシエイトの不合格の理由は以下のどれかだそうです。

 Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

 お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合

 Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合

 お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合

 Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合
*SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております

 知的財産権を侵害している場合

 露骨な性描写がある場合

 未成年の方のお申し込み

あれこれ手法を変えて10回以上申請してみましたが、結局、時間のムダだと思ってやめました。

Amazonアソシエイトの入力項目▲アソシエイトの申請は入力する項目も多いです

そして、もしもアフィリエイトの「Amazon」に申請することにしました。

「もしもAmazon」の審査基準

 アマゾンアソシエイト審査基準をもとに厳重に審査しています

 作成されたばかりの未完成サイトや、運営がされていないサイトは提携できません。少なくとも10記事以上あることが必要です。

と書かれていたので、こっちもどうかなぁと思ってましたが、

こちらは無事に一発で合格できました。

 

「もしもAmazon」に申請するには、まず「もしもアフィリエイト」の会員になります。

「もしも」の会員は、よほどのことがない限り誰でも合格できます

ブログを始めたばかりの方でも大丈夫です。

↓こちらから会員登録できます(無料)

もしもアフィリエイトの会員登録

もしもアフィリエイトのトップページ

会員になったらAmazonの提携申請をしましょう。

もしもアフィリエイトの「Amazon」提携申請画面

こちらは少々厳しめの審査があります。

といっても、本家で10回以上落ちた私が1回で受かったくらいなので、

本家の審査よりは甘いと思います。

必ず記事を10以上書いてから申請してみて下さい。

報酬はどちらも同じ

報酬料率は、Amazonアソシエイト、もしもアフィリエイト、どちらも全く同じです。

報酬上限の「1商品1個につき1,000円」も同じです。

Amazonの商品でアフィリエイトができるASPは他に「バリューコマース」と「A8.net」がありますが、

報酬は「Amazonアソシエイト」と「もしもアフィリエイト」が一番高い(同じ)です。

  Amazonアソシエイトのロゴ もしもアフィリエイトのロゴ バリューコマースのロゴ A8.netのロゴ
食品&飲料 8% 8% 6.2% 6.1%
3% 3% 2.3% 2.3%
CD、家電 2% 2% 1.5% 1.5%
報酬の上限 1,000円 1,000円 1,000円 1,000円

(※報酬の上限は1商品1個あたり)

報酬の最低振込金額

  Amazonアソシエイトのロゴ もしもアフィリエイトのロゴ バリューコマースのロゴ A8.netのロゴ
振込手数料 無料 無料 無料 66円から
最低振込金額 5,000円 1,000円 1,000円 1,000円

報酬を現金(銀行振込)で受け取る場合の最低額は、Amazonアソシエイトが5,000円、「もしも」は1,000円です

なので、少額でも早めに現金を受け取りたい方は「もしも」に登録するべきです。

ちなみにAmazonアソシエイトの500円~5,000円未満の報酬は、「Amazonギフト券」での受け取りが可能です。

報酬の振込手数料はどちらも無料です。

再訪問期間

再訪問期間とは、ユーザー(読者)が商品(広告)のリンクをクリックして、その場で購入しなくても、再訪問期間中に購入されると成果が認められる期間です。

ただし期間中でも、ユーザーが他のサイトを訪れて、同じ系列のリンクをクリックすると、後に訪れたサイトの成果になります。

報酬発生条件(リンククリック後)

  Amazonアソシエイトのロゴ もしもアフィリエイトのロゴ バリューコマースのロゴ A8.netのロゴ
カートに追加 24時間以内 24時間以内 24時間以内 公開なし
商品購入 通常90日 24時間以内 24時間以内 公開なし

「もしも」は24時間以内にユーザーが商品の購入に至らないと成果が発生しないのに対し、

Amazonアソシエイトは24時間以内にカートに入れてもらえさえすれば、購入までの猶予が通常90日間あります。

ここは、Amazonアソシエイトの方が有利です。

▼こちらに詳細が記載されてます

アソシエイトリンク (アフィリエイトリンク) をクリックした後、訪問者がいつまでにショッピングカートに商品を追加すれば、紹介料が支払われますか?

Amazonアソシエイトに合格しないと「Rinker」は使えません

商品リンクが作れるWordPressのプラグイン「Rinker」は、Amazonアソシエイトのアクセスキーとシークレットキーが必要です。

なので残念ながら、Amazonアソシエイトに合格しないと「Rinker」は使えません。

「Rinker」で作った商品リンク▲Rinkerで作った商品リンク(おやこそだて

 

その代わり「カエレバ」というツールがあります。

▲カエレバで作った商品リンク

カエレバの使い方↓

【カエレバの使い方】ブログにAmazonや楽天の商品リンクを貼る

まとめ

というわけで、Amazonアソシエイトに合格できずに「もしもアフィリエイト」でAmazonの商品リンクを貼っても一長一短だということが分かりました。

  報酬 最低振込額 再訪問期間
(カートに追加)
商品購入 Rinker カエレバ
Amazonアソシエイトのロゴ 同じ 5,000円 24時間以内 90日以内
もしもアフィリエイトのロゴ 同じ 1,000円 24時間以内 24時間以内 △※

※Amazonアソシエイトのアクセスキーとシークレットキーが必要

 

Amazonアソシエイトよりも(たぶん)審査が通りやすく、報酬が1,000円から振り込んでもらえるので、

最初から「もしもAmazon」に提携申請してもいいと思います。

その場合必ず、記事が10以上になってから申請してみて下さい。

Amazonアソシエイトの申請はこちら

もしもアフィリエイトの会員登録はこちら

コメント