「青森おでん」といえば大角天と生姜味噌

青森おでんの大角天とゆで卵 青森

こんにちは、ikuzo(いくぞう)です。

今回は、青森おでんの「大角天」という具材についてのお話です。

 

スポンサーリンク

「こみやま」で食べた思い出の味

むかし、青森市の橋本に「こみやま」という駄菓子屋がありました(現在はもうありません)。

少ないおこづかいでよく入りびたってたんです。

時代は昭和40年代後半の話です。

 

私が小学1、2年生のころ「こみやま」では、たいていの物が10円か20円で買えて、

「なにを買おう?」と迷ったあげく、私が冬によく買ってたのは「おでん」でした。

おこづかいで「おでん」を買う小学1年生か2年生、なかなかシブくないですか?(笑)

 

大きなお鍋に入っている「おでん」は具材が3種類のみで、

「こんにゃく」と薄い「練りもの」が10円、「ゆで卵」は20円でした。

20円は小学生の低学年にとって高額だったので(買うとほかの物が買えなくなるので)、

よく食べたのは「こんにゃく」と「練りもの」です。

 

「こみやま」のおでんはすべて串にささってて、店のおばあちゃんに注文すると、小皿にのせて味噌をかけてくれました。

串と皿をもってハフハフしながら食べるんですが、その味噌味のおでんがなんとも美味かったんですよね。

練りものの名前は「大角天」

その後、東京に引っ越してきたので、味噌味のおでんはずっと食べていませんでした。

「あの懐かしい、ぺらぺらした薄い練りものは、いったい何という食べ物だったんだろう?」

と、ある日検索してみました。

すると、ありました。

大角天

薄いぺらぺらの練りものは「大角天」という食べ物だったんですね。

東京では見たことがありません。

 

ついでに、おでん用の味噌も見つけました。

しょうがみそ

 

で、青森へ帰った際に「ユニバース」というスーパーでこれらを買って、東京にクール便で送ったわけです。

そして作りました。

青森おでん(大角天とゆで卵)

おおー、こみやまの味だ

 

約40年ぶりに食べた「青森おでん」はまさしく、子供のころに食べた駄菓子屋の味でした。

それからは、秋に青森へ帰る機会があれば「大角天」と「しょうがみそ」を買って自宅へ送ってます。

スーパーで売っている「大角天」は賞味期限が5日程度なので、冷凍庫で保存するようにして1~2ヶ月間楽しんでます。

ちなみに青森で買うと、3枚入りの「大角天」が250~300円、小袋が5つ入った「しょうがみそ」は100円ちょっとで買うことができます。

おさない食堂の「大角玉子丼」

先日、青森へ帰った際にこんな食べ物も発見しました。

青森駅のすぐそばに「おさない食堂」という有名なお店があるんですが、なにげにのぞくと

おさない食堂「大角玉子丼」
「大角玉子丼」(520円)

 

大角天って「おでん」以外にも食べ方があったんですね。

しかも、今どき520円とはリーズナブルだ…。

おさない食堂は、たまに寄ってたんですが、今まで気がつきませんでした。

今度入ったら、食べてみようと思います。

コメント