青森市 お食事処おさない(おさない食堂)は楽しい食堂だぞ

お食事処 おさない(おさない食堂) 青森

こんにちは、青森市出身のikuzo(いくぞう)です。

青森に帰ると食いたくなるものがあります。

それは、すじこです。

青森のすじこってメチャクチャ美味いんですよね。

東京に出てきてはじめて食べたすじこは「なんじゃこりゃあ、ペッ!ペッ!」状態でした。

すじこ食べるなら、やっぱ青森です。

 

で、どこで食べるかというと最近はここですね。のっけ丼で有名な「青森魚菜センター」です。

青森魚菜センター

のっけ丼とは、市場の中にある魚介類などから、自分の好きな具材を選んでごはんにのっけて食べる丼です。

 

普段はこのように、すじこが普通に置いてあります。

青森魚菜センターの「すじこ」

しかし2021年の11月に帰ったら、どこのお店にもすじこがないじゃないですか!

でも、すじこが食べたい!ヽ(*`Д´)ノ

どうしよう、そうだ!朝からやってるあのお店に行けばあるのでは!

と向かったのは青森駅前にあるあの有名なお店です。

スポンサーリンク

お食事処 おさない

その有名なお店とは、The「お食事処 おさない」です。

青森駅のすぐ近くにあって昔から観光客や地元民にも人気のお店です。

お食事処 おさない(おさない食堂)

おさないは営業時間が結構コロコロ変わります。

現在は朝8時から営業していますが、以前は11時だったということが一目で分かる貼り紙が店頭にあったり、

おさない食堂 営業時間の貼り紙

2022年11月時点では、8時から9時、10時半から13時半、16時から19時という三部構成で営業していました。

お食事処おさないの営業時間(2022年11月現在)

シャッターは相変わらず11時からの営業になっているので注意して下さい。

おさないのシャッター

そして箸袋には「おさない食堂」と書いてあります。

おさない食堂の箸袋

思わず「どっちやねん!」と言いたくなりますが、たしか昔は「おさない食堂」だったので、箸袋がきっとまだ余っているのでしょう。

「お食事処 おさない」は地球に優しい、ECOな食堂なんです、きっと。

【お食事処 おさない】
住所:青森市新町1丁目1-17
電話:017-722-6834
営業時間:8:00~9:00 10:30~13:30 16:00~19:00
定休日:月曜日(祝・祭日の場合は火曜日)

何でもある おさない食堂

お食事処 おさないの店内

いちいち「お食事処 おさない」と言うのは面倒なので、ここからは昔ながらの「おさない食堂」と呼ばせていただきます。

青森で有名な食べ物なら、おさない食堂に無いものはありません(たぶん)。

まるでドラえもんのポッケのような食堂です。

すじこも当然…ありました!

おさない食堂のメニュー(すじこ)

そしてベーコンエッグ定食と、それとついでにビールも頼みました。

何が「ついで」なのかよく分かりませんが、時間は朝の10時ということを申し上げておきます。

スポンサーリンク

ベーコンエッグ定食とすじこ

きました。ベーコンエッグ定食です。これで550円はめちゃめちゃリーズナブルですよね。

おさない食堂のベーコンエッグ定食

おさない食堂は他にも550円のメニューがこれだけあります。

おさない食堂の550円メニュー

そして、待望のすじこ(700円)です。

おさない食堂の「すじこ」

ビールグラスとの比較でお分かりいただけるかと思いますが、こちらは非常にアンリーズナブルでした。

すじこは高級品なのでしょうが、ベーコンエッグ定食の喜びが一気に半減したとだけお伝えしておきます(;´Д`)

スポンサーリンク

おさない食堂の人気メニュー

せっかくなので、おさない食堂の人気メニューも紹介させていただきます。

まずは、おさない食堂の全メニューをご覧いただきましょう(反射して一部見えにくくて、すみません)。

おさない食堂のメニュー1

おさない食堂のメニュー2

おさない食堂のメニュー3

おさない食堂のメニュー4

おさない食堂は、ほたて料理に特に力を入れてます。

たぶんですが、観光客に一番人気なのがこちらの「ほたて貝焼き味噌定食」(1,100円)です。

ほたて貝焼き味噌定食(サンプル)

実物がこちら。

おさない食堂の「ほたて貝焼き味噌定食」

ほたて貝焼き味噌(拡大)

「貝焼き味噌」は青森の郷土料理ですが、おさない食堂はウニも乗せて豪華に作ってます。

他のお店はウニはあまり乗ってないと思います。

ちなみに一般的には本物のホタテの貝を使って「貝焼き味噌」を作りますが、おさない食堂は貝の形をした食器を使ってます。

なので正確に言うと「貝の形をした食器焼き味噌定食」ということになります。

 

そしてこちらは「大角玉子丼」(550円)です。

大角玉子丼(サンプル)

材料に使われている「大角天」は薄っぺらい練り物で、青森県以外の方にはあまり馴染みがないと思いますが、青森ではおでんの具材として有名です。

東京に引っ越してから、はじめて青森県だけにしかないことを知りました。

 

大角天丼の実物がこちらです。

おさない食堂の「大角玉子丼」

一瞬「大角天サギ」かと思いましたが、中身はきっと同じなんでしょう。

おさない食堂はネタのつきない楽しい食堂です。

スポンサーリンク

バナナマンのせっかくグルメ!!で日村さんも来ました

おさない食堂は「バナナマンのせっかくグルメ!!」でも紹介されたことがあります。

 

たまたま帰省して新町通りを歩いていたら、ロケ中の日村さんとすれ違ってビックリしました。

私は年に10日も青森に滞在してないので、ものすごい偶然でした。

バナナマンの日村さんが、おさない食堂で食べたのは「けの汁ラーメン」です。

けの汁とは主に津軽地方に伝わる郷土料理で、野菜や山菜を細かく刻んだものがたくさん入っている汁物です。

おさない食堂の「けの汁ラーメン」

日村さんは、おさない食堂の他に「まるかいらーめん」などに行ってました。

まるかいらーめんは私も40年以上通ってる、一番好きなラーメン屋さんです。

煮干しラーメンがお好きでしたら、まるかいらーめんも是非訪ねてみて下さい。

おさない食堂の楽しいエピソード

そういえば最後にもうひとつ。

もう20年近く前の話ですが、親戚のおじさんとおさない食堂に入ったらこんなことがありました。

 

おじさんがメニューを見て「天ぷらそば」を注文したんですね。

そしたらお店の人(わりと年配の女性)は

天ぷらそばはありません」と自信満々に言います。

 

おじさんが戸惑いながら「え?でもメニューにはありますよ」と言ったら

お店の人「天ぷらそばはメニューには無いと思いますよ

おじさん(メニューを見せて)「ほら!」

お店の人「・・・わいは!あった!

 

メニューがあり過ぎるのか、天ぷらそばを注文する人が少ないのかは知りませんが大爆笑でした。

青森へ行ったら青森の郷土料理が食べられる「お食事処 おさない(おさない食堂)」に是非立ち寄ってみて下さい。

本日は読んでいただき、ありがとうございました(^_^)

今なら誰でも最大10%お得(いまスグ利用可)→ Yahoo!トラベルで青森の宿を探す


コメント

  1. ココ より:

    わいは、あったって〜( ´∀`)
    てきとーな感じがいいですねー。
    私、青森市のスーパーで働いてたんで(水産)大角天きらすとお客さんに怒られたなー( ´∀`)

    • ikuzo|いくぞう より:

      ココさん、コメントありがとうございます。

      青森へ帰ると必ずスーパーには行くので、もしかするとどこかでお会いしてるかもしれませんね(^_^)