【Cocoon】グーグルアドセンスの自動広告と手動広告の貼り方

アドセンスの自動広告と手動広告の出し方 ブログ

こんにちは、ikuzo(いくぞう)です。

最近、Google AdSenseの「自動広告」をやめて「手動(マニュアル)広告」に変えてみました。

すると、クリック率がかなり上がったんですよ。

自動広告をやめようと思った理由は、主に以下の2つです。

  • 自分の好きな場所に広告を表示できない
  • クリック率がすこぶる悪い(気がする)

まず、自動広告はその名の通り、Google様の一存で広告が表示されます。

たぶん、Google様は「よかれ」と思って出しているのでしょうが、たとえばこんなふうにヘッダー付近にデカデカと広告が出てしまいます。

ヘッダー付近の広告

自動広告でも気に入らない場所は削除できるので、さすがにこれは消しました。

そのほかには「本文中の中途半端な場所」とか「カテゴリーやアーカイブの途中」とかに出されて、「もうちょっとお考え下さい、Google様!」って言いたくなるんですよね。

私としては、お越しいただいてる皆様がウザくない程度に、「あら、こんなところに広告が」と思っていただけるように(ないな)、さりげなく貼りたいんです。

ということで自動広告に見切りをつけて手動広告に変えたのですが、今回は「Cocoonを使っているけど、アドセンス広告の出し方がよく分からない」という方を対象に、

アドセンスの自動広告と手動広告の設定方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

Cocoonにアドセンスの自動広告を設定

まずは「自動広告の設定方法」から説明します。

Google AdSenseのトップページから「広告」をクリックします。

「Google AdSense」のトップページから「広告」を選択

Google AdSenseの登録がお済みでない方は、こちらから登録して下さい。

広告掲載の自動化の「コードを取得」をクリックすると、コードが出現するのでコピー(クリック)します。

「広告掲載の自動化」の「コードを取得」をクリック

「広告掲載の自動化」のコードをコピー

 

続いて「Cocoon 設定」の「アクセス解析・認証」タブを選択。

Cocoon設定

「アクセス解析・認証」タブを選択

 

「その他のアクセス解析・認証コード設定」の「ヘッド用コード」に先ほどコピーした自動広告用のコードを貼り付け、「変更をまとめて保存」を押します。

「ヘッド用コード」にコードを貼り付け

 

自動広告の設定は、Google AdSense「広告」の鉛筆マークです。

Google AdSense「広告」の鉛筆マークを押す

 

自動広告を「ON」にすると、約1時間くらいでサイトに広告が出るようになります。

Google AdSenseの自動広告を「ON」

自動広告でも気にいらない場所の広告は、プレビューを使って削除できます。

Cocoonにアドセンスの手動広告を設定

続いて「手動広告の設定方法」です。

手動広告は「広告ユニットごと」の「ディスプレイ広告」をクリックします。

「広告ユニットごと」の「ディスプレイ広告」をクリック

おおよそ100記事を超えたサイトには「関連コンテンツ」という広告もでてきます。当「ikuzoblog」は、まだでてません。

「広告ユニットの名前」は、任意の名前(たとえば「Cocoon広告」など、本人が分かればOK)を入れて「作成」をクリック。

「広告ユニットの名前」を入れて「作成」をクリック

 

広告ユニットコード」をコピーしたら「完了」を押します。

コードをコピーして「完了」を押す

 

自動広告は「OFF」にしておきましょう。

Google AdSenseの自動広告を「OFF」

それまで自動広告を表示していた場合、「OFF」にしても設定が反映されるまで24時間くらいかかることがあるので、気長にお待ち下さい。

次に「Cocoon設定」の「広告」タブを選択します。

「広告」タブを選択

 

各項目の設定方法について説明します。

Cocoonの広告設定1

広告ラベル:広告の上に表示したい文字を入力します。表示する、しないは広告の表示位置ごとに設定できます。表示する場合は「スポンサーリンク」が一般的なようです。

広告ラベル「スポンサーリンク」

広告コード:ここに先ほどコピーした「広告ユニットコード」を貼り付けます。

リンクユニット用コード入力(注の部分):以前はアドセンスに「リンク広告」もありましたが、最近アドセンスに合格された方は「リンク広告」が表示されません。ここに入力しなくても、Cocoonは「リンクユニット」の表示ができますAMPページを除く)。詳しくは公式サイトの記事をご覧下さい。

テーマ設定でアドセンスのリンクユニット広告を使用する方法
Cocoonのテーマ設定から、アドセンスのリンクユニット広告を手軽に表示させる方法です。今回の方法を使うことで、AMPページでもリンクユニット広告を表示させることができます。

 

Cocoonの広告設定2

アドセンス表示方式:「マニュアル広告設定」を選択します。

広告の表示位置広告を表示したい場所に チェックを入れます

詳細設定」でフォーマットと、広告ラベル(「スポンサーリンク」などのテキストを表示するか)の有無を選択します。

フォーマットと「広告ラベルを表示」の有無を選択

[ad]ショートコード:ここに チェックを入れると、本文に [ad] と入力することにより、好きな場所に広告を表示することができます(やり方は後ほど説明します)。

フォーマット

ここからはフォーマット(広告ユニット)を紹介していきます。

「オート(AdSenseにおまかせ)」以外、Cocoonで設定できる広告は全部で7種類あります。

バナー
レスポンシブレクタングル
シングルレクタングル
ダブルレクタングル
記事内広告
リンクユニット
ラージスカイスクレイパー

それぞれ、見ていきましょう。

バナー

バナー広告

横長の広告です。

 

レスポンシブレクタングル

レスポンシブレクタングル広告

PC・スマホに合わせて、最適なサイズで広告が表示されます。

 

シングルレクタングル

シングルレクタングル広告

336×280pxなど、正方形に近い広告が1つ配置されます。

 

ダブルレクタングル

ダブルレクタングル広告

シングルレクタングルが2つ並びます。スマホはシングルで表示されます。

同じ広告が2つ並んだりすることもあります。

 

記事内広告

記事内広告

ブログカードのように、記事の間に入れても違和感の少ない広告です。

 

リンクユニット

リンクユニット

アイキャッチの下に配置している方が多いです。

 

ラージスカイスクレイパー

ラージスカイスクレイパー広告

よく、サイドバーにデカデカと表示してある縦長の広告です。

ちなみに小さい広告よりも大きい広告の方がクリック単価は高いです。

かなり大きい広告ですが、スマホでは自動的にシングルレクタングルに変わります。

広告の表示位置

次に「広告が表示される位置」を見ていきましょう。

※わかりにくい位置だけ、説明します。

インデックスページの表示位置

トップ:記事一覧の上の部分です。

ミドル:記事一覧の中に広告がまぎれこみます。

インデックスページの広告表示位置

ボトム:記事一覧の下の部分です。

ヘッダー付近に広告を配置する際は、グローバルナビのドロップダウンメニューによって広告が隠れるとAdSenseポリシー違反になるので注意して下さい。

投稿・固定ページの表示位置

タイトル下:タイトルとアイキャッチの間です。

本文上:アイキャッチの下です。

投稿・固定ページの広告表示位置

本文中:H2見出しの手前です。

詳細設定で「広告の表示数を制御する」に チェックを入れると「何番目のH2見出し手前まで広告を入れるか」を設定できます(「-1」にすると全てのH2見出し手前に広告を配置)。

詳細設定で「広告の表示数を制御する」にチェックを入れるかどうか

この設定方法は公式サイトで紹介されてます。

投稿・固定ページの本文中広告数を制御する方法
H2に出して前に表示される広告の数を、自由に制御する設定を追加しました。

広告の表示位置の「本文中」に チェックを入れて、詳細設定の「広告の表示数を制御する」に チェックを入れないと最初のH2見出し手前(目次がある場合は目次の上か下)のみに広告が表示されます。

目次の上か下かは「Cocoon 設定」→「目次」の「目次の表示順」で設定します

( チェックを入れると目次の下、チェックを外すと目次の上に広告を表示)

目次の表示順「広告の手前に目次を表示する」にチェックを入れるかどうか

[ad]ショートコードの使い方

特定の見出しの手前など、任意の場所に広告を表示するには、[ad]ショートコードを使います。

ショートコードの広告[ad]をクリック(旧エディターを使ってます)、

ショートコードの「広告」をクリック

 

または [ad] と直接入力して、

記事の途中に[ad]コードを入れる

 

「プレビュー」で確認すると広告が表示されてます。

「プレビュー」で見ると広告が表示されている

手動広告を「サイドバースクロール追従」に設定する

画面をスクロールしても、サイドバーの一番下にある目次や広告が動かなくなるのを見たことありませんか?

スクロールしてもサイドバーの広告だけ動かない

 

最後は「サイドバー追従広告の設定方法」を説明します。

WordPressのダッシュボードから「外観」→「ウィジェット」をクリック。

「外観」→「ウィジェット」を選択

 

「利用できるウィジェット」の中から「広告」を選択します。

※スマホで広告を表示させたくなければ「広告(PC用)」を使って下さい。

「利用できるウィジェット」の中から「広告」を選択

 

「サイドバースクロール追従」を選択して「ウィジェットを追加」を押します。

「サイドバースクロール追従」を選択して「ウィジェットを追加」を押す

 

先ほど取得したアドセンスの「広告ユニットコード」を貼り付けて、表示させたい「広告フォーマット」を選び、「保存」を押します。

「広告ユニットコード」を貼り付けて「広告フォーマット」を選び「保存」を押す

 

これでサイドバーに追従広告が表示されます。

最後に

ということで今回は「Cocoonの広告の設定方法」についてでした。

冒頭にお話ししましたが、自動広告をやめた主な理由は「好きな位置に広告が出せない」と「クリック率が悪いような気がする」でした。

それ以上に「これは、いかん!」と思ったのは、300PVあった日の収益が僅か2円だったんですよ(クリックが全くなかった)。

以前、500PVいった日は収益が350円くらいあり、てっきりアクセスと収益は比例するものと思っていたので、多少なりともショックでした。

しかし、手動広告にしたら、まだ2週間しか経ってませんが、クリック率が倍以上になりました。

自動広告にしていて「収益があまりよくないな」と感じている方は、一度、手動広告を試されてはいかがでしょうか。

コメント