青森市【津軽海峡 路地っこ】田酒飲み放題、お一人様歓迎!の居酒屋

津軽海峡路地っこ 青森

こんにちは、ikuzo(いくぞう)です。

今回は青森市橋本にある、私がおすすめする居酒屋「津軽海峡つがるかいきょう 路地ろじっこ」を紹介します。

こんな方におススメの居酒屋

一人でゆっくりと青森の酒や魚、郷土料理を味わいたい

仲間たちと個室でゆっくり語り合いながらお酒が飲みたい

20~30人規模の宴会がしたい

もともとは「津軽海峡」という名前で大通りにお店を出していましたが、

入居していたビルが取り壊されることになり、現在は裏通りに移転して名前にも「路地っこ」がつきました。

ちょっと穴場的で、ゆっくりとお酒が飲めて、とにかく居心地の良いお店です。

スポンサーリンク

『津軽海峡 路地っこ』お店の場所

「津軽海峡 路地っこ」外観

「津軽海峡 路地っこ」は、青森駅からは約1.5kmと少し離れた場所にあり、

お店の周りには「ホテル青森」「ホテルクラウンパレス青森」「アルファホテル青森」「スーパーホテル青森」など、多くの宿泊施設があります。

これらのホテルにお泊りでしたら、お店までは徒歩3~5分くらいです。

私がよく利用している「リッチモンドホテル青森」からは歩いて10分と少し離れていますが、

気候の良い時期には散歩がてら、ちょうど良い距離です。

【津軽海峡 路地っこ】
住所:青森市橋本1丁目5-4
電話:017-774-2240
営業時間:17:00~24:00

『津軽海峡 路地っこ』店内の様子

一見こぢんまりとした店内は、入口右奥の方にお座敷があり、実は30人クラスの宴会もできたりします。

オーナーの川島さんいわく「20人用はあっても、30人用の部屋がある居酒屋はなかなか無いね」とのことです。

「津軽海峡 路地っこ」のカウンター席▲居心地のよいカウンター席(7席)

「津軽海峡 路地っこ」の個室2部屋▲カウンターの後ろにある小上がりの個室2部屋(6人用と4人用)

奥には20人用と8人用の部屋があり、間仕切りを外せば30人用の部屋になります。

「津軽海峡 路地っこ」20人用の部屋▲20人用の部屋

「津軽海峡 路地っこ」8人用の部屋▲8人用の部屋

スポンサーリンク

青森県の純米酒飲み比べ

「津軽海峡 路地っこ」では、青森県の純米酒6種類の中から3種類を選んで飲み比べができます。

一番左の刑事デカは除いて、左から八仙はっせん津軽海峡つがるかいきょう田酒でんしゅ菊駒きくこま作田さくた豊盃ほうはいです。

「津軽海峡 路地っこ」の飲み比べ6種▲幻の銘酒?「刑事」は話のネタ用で中身は「空」です笑

飲み比べ6種類の中から3種類をチョイス▲6種類の中から3種類選んでお値段は700円です

純米酒を1合単位でも注文可能です▲お好きな純米酒を1合単位でも注文可能です

田酒(でんしゅ)の飲み比べセット)▲田酒(でんしゅ)だけの飲み比べセットもあります

『津軽海峡 路地っこ』飲み放題

2時間制(or3時間)で飲み放題やってますよ~(´∀`)

「津軽海峡 路地っこ」の飲み放題

2時間2000円の飲み放題は、プレミアム・モルツと先ほどの純米酒6種類が飲み放題になります

なので先ほどの純米酒飲み比べよりこちらの方が絶対お得ですね。

さらに500円追加すれば1時間延長(3時間)も可能です。

 

田酒は青森県でも入手しにくく、スーパーなどの小売店ではプレミアム価格で売られています。

先日、私が入ったスーパーでは四合瓶が3000円以上、一升瓶には6000円近くの値段がついてました。

 

また、飲み放題を注文した女性限定のサービスですが、お1人様1コまでソフトクリームもオーダー可能です。

しかしなぜ、女性限定なんでしょうか?

アイスクリーム好きのオヤジ(俺)としては、

オーナーの川島さんを男女差別で訴えたくなります(;´Д`)

スポンサーリンク

長芋の焼酎『六趣』

飲み放題のメニューにはありませんが、こんなお酒もあります。

芋焼酎といえば原料はサツマイモを使うのが一般的ですが、

青森県の六ケ所村で作られている『六趣ろくしゅ』は長芋の焼酎です。

長芋の焼酎「六趣」

試しに一杯飲ませていただいたところ、サツマイモのようなクセはなく軽い飲み口でした。

こちらも入手困難だそうですが、六ケ所村にある「六趣醸造工房」まで行けば1日60名(1人1本)まで購入できるそうです。

インターネットでも抽選販売を行っているので、興味のある方は公式サイトをご覧になってみて下さい。

『津軽海峡 路地っこ』の料理

そして料理ですが、お店のイチオシは「本まぐろゆっけ」1200円です。

「津軽海峡 路地っこ」イチオシの本まぐろゆっけ

ごま油とわさびの相性がピッタリです。卵を崩しながら召し上がってみて下さい。

こちらも人気メニュー、卵5個を使用している「だし巻き玉子」450円です。

「津軽海峡 路地っこ」の「だし巻き玉子」

ほかに「納豆だし巻き」「チーズだし巻き」「うなぎだし巻き」もあります。

青森といえばホタテが有名ですが、私がよく注文するのは「ホタテのお刺身」1000円です。

盛り付けが綺麗ですよね。

「津軽海峡 路地っこ」のホタテのお刺身

そして青森の郷土料理「貝焼き味噌」です(すみません、値段忘れました)。

「津軽海峡 路地っこ」の貝焼き味噌

他には、飲み放題2時間がついた宴会コース(4000円)もあります。

また、メニューにない料理でもリクエストすれば作ってもらえることがあるかもしれません。

以前「なんが、せんべい汁食いたくなってきたじゃー」とボソッと言ったら、「あるよ!」って作ってもらえました。

でも「イカメンチ」はダメでした。たぶん面倒くさくないもの限定だと思います(笑)

スポンサーリンク

一番のおススメは1人でカウンター

1人でお店に行っても、カウンターにはオーナーの川島さん、もしくは太田さんが立っていて、2人とも気さくに話相手になってくれます。

「津軽海峡 路地っこ」のオーナー、川島さん▲明るいオーナーの川島さん。その日のおススメメニューをきいてみて下さいね!

「津軽海峡 路地っこ」は休前日などは大変混雑することがありますので、早めに電話で予約された方がいいと思います。

私も土日に予約なしでお店へ行ったら入れなかったり、土曜日の夕方に電話をかけたらもういっぱい、なんてこともありました。

青森へ行って、1人でホッとできる居酒屋をお探しでしたら、ぜひ「津軽海峡 路地っこ」を訪ねてみてください。

 

追記

「このブログを見てきた人はまだいない」とオーナーの川島さんが言っていたので、

もしよろしければ「東京に住んでいる身長の高い人のブログを見てきた」と言ってもらえると幸いです。

私も年に1,2度は行きますので、もし遭遇した際には宜しくお願いいたします(^_^)

「津軽海峡 路地っこ」の看板

【津軽海峡 路地っこ】
住所:青森市橋本1丁目5-4
電話:017-774-2240
営業時間:17:00~24:00

コメント