身長を伸ばす!中学生で26cm成長した私の生活習慣と食事

生活

こんにちは、ikuzo(いくぞう)です。

いきなりですが、みなさんは身長が高くなりたいですか?

親御さんでしたら、自分のお子さんに背が高くなって欲しいですか?

 

身長188cmの私がすばり申し上げますが、大きくなりすぎるとあまりいいことがないですよ。

 頭はぶつける
 服や靴のサイズはない
 福山雅治さんのコンサートで、後ろの女性から「見えません!」って言われます

バスケやバレーでもしていれば話は別ですが、私の場合は無駄に大きくなりすぎた感が否めません。

たしかに180cmくらいにはなりたかったんですが、気がつくと10cm近くオーバーしていました…。

 

厚生労働省の「国民健康・栄養調査報告」によると、平成28年の20歳の平均身長は、

男性が172.3cm女性が159.5cmでした。

身長の平均値(平成28年)

年齢 男性(cm) 女性(cm)
20歳 172.3 159.5
21歳 172.0 157.9
22歳 170.2 158.5
23歳 171.4 157.4
24歳 173.0 157.3
25歳 170.5 155.2

出典:厚生労働省「身体状況調査の結果

意外にも、年によって3~4cmもバラつきがあるんですね。

 

一方で自分がなりたいと思っている理想の身長は、

男性が171~180cm女性が156~165cmの人がもっとも多くなっています。

 

つまり、この2つから読み取れるのは、

女性は平均身長でほぼ満足しているのに対して、

男性は自分の身長に不満を感じている人が多いということが分かります。

 

そこで今回は、私がこれだけ大きくなった理由というか、

こんなものを食べたり、こんな生活を送ってたら背が伸びたよ

ということを身長が高くなりたい方へお伝えしようと思います。

 

あらかじめお断りしておきますが、これを読んだからといって

身長が伸びる保証はまったくありませんので。

身長が伸びた食生活

私は、青森県の出身です。

以前、日本テレビの『秘密のケンミンショー』でも取り上げられていましたが、

北陸~東北の日本海側の県はもともと高身長の人が多いようです。

中学時代の成長曲線

これは私の成長記録ですが、中学の3年間で約26cm伸びています。

食生活が一番影響していたと思いますが、毎日バカみたいに食べてたわけではありません。

しかし、ここぞの時(特に外食)はバカみたいに食べてました。

 

たとえば、3時のおやつ

ビッグマック2個とチーズバーガー2個を食べて、その後ふつうに夕食を食べたり、

中学1年の時には食べ放題の焼肉屋で、

どんぶり飯2杯+肉10人~15人前+シュウマイなどの他のおかずを食べたこともありました。

(この時、生まれて初めて胃薬を飲みました。)

 

身長が伸びてる時って、いくら食べても太らないんですよね。

しかし身長が止まったとたん、同じ量を食べていたら急にブクブク太り出しました。

縦の成長が止まっているのに同じ量を食べていると、今度は横に成長が始まります。

これから身長を伸ばそうとしている人は、ぜひともご注意下さい。

 

身長を伸ばしたい方はDr.Senobiru


中学時代は牛乳をよく飲んだ

コップに注いだ牛乳

大きくなりたかったら牛乳を飲め”と昔からよく言われてきましたが、

たしかに中学生の時は牛乳をたくさん飲んでました。

というか、中学時代は牛乳以外にあまり飲む物がなかったんです。

 

小学生の時に住んでいた青森市は、蛇口をひねるとミネラルウォーターのような美味しい水が出てきていて、毎日それを当たり前のように飲んでいました。

青森市って、日本でも有数の水道水の美味しい土地なんですよね。

 

ところが中学生になって東京に出てきてたら水道水の不味いこと、不味いこと…。

当時はまだミネラルウォーターも普及してませんでしたし、

東京に来て初めて外食に連れていってもらった新宿のとんかつ屋では一段と水が不味くて

「これから先、何を飲んで生きていけばいいのか」と不安になったものです。

 

そのため中学時代は牛乳ばかり飲んでいて、

1日に最低でも400cc、夏場など多い時は1ℓ以上の牛乳を飲んでいました。

中学の給食では、クラスの半数くらいの女子が牛乳を飲まなかったので、バンバンもらえたんです。

おかげで、多い時は昼だけでも4、5本の牛乳を飲んでました。

さらに家でも飲んでいたので、牛乳の摂取量はハンパなかったです。

これが私の成長に大きく影響していると思います。

中学時代の朝食

トーストと目玉焼きの朝食

小学校高学年から中学生まで一貫して、

  マーガリンをぬってスライスチーズをのせたトースト×2枚
  目玉焼き(焼いたハムやウインナーがつく日もあり)
  牛乳(冬はクノールカップスープ)

という朝食でした。

身長を伸ばすにはカルシウムとタンパク質を同時に摂るといいようですが、

どちらも多く含んでいる乳製品(牛乳とスライスチーズ)に効果があったのかもしれません。

卵も毎日食べてましたし、ハムとウインナーでさらにタンパク質を摂取していました。

(卵は摂りすぎるとよくないと言われてましたので、毎日食べていましたが1日に1~2個程度です)

 

当時は手抜きだとばかり思っていましたが、

ウチの母親は子供の成長を考えて毎日この同じメニューを出していたのかもしれません。

同じこのメニューを食べていた私の弟も180cm位あります。

昼食&おやつ

玄米

小学校は給食がなくて弁当持参だったんですが、我が家はなんと玄米の弁当でした。

母親は「将来のため」と言いつつ、白米よりも栄養価の高い玄米を食べさせてくれていたんですね。

  玄米100g 白米100g
エネルギー 353kcal 358kcal
タンパク質 6.8g 6.1g
カルシウム 9mg 5mg
マグネシウム 110mg 23mg
2.1mg 0.8mg
ビタミンB1 0.41mg 0.08mg
ビタミンB6 0.45mg 0.12mg
食物繊維 3.0g 0.5g

文部科学省「食品成分データベース」より

上の表には入っていませんが、玄米にはアルギニンという栄養素が豊富に含まれています。

アルギニンには成長ホルモンの合成を促進させる働きがあり、身長の伸びにつながるそうです。

なのでアルギニン入りの玄米を食べていたのも、私が大きくなった理由のひとつだと思います。

アルギニンやアルギニン入りサプリについては、調べて別の記事にしました。

中学生用成長サプリはアルギニンいっぱいのドクターセノビルがおすすめ

 

しかしこの玄米、子供のころはとてつもなく不味く感じていました。

特に冷めた玄米の弁当は最悪でした。

もの珍しいので、弁当の時間は友達にもジロジロ見られるし…

 

家ではごくたまに普通の白いご飯の日もありましたが、そんな時は普段の欲求不満からおかわりしまくってましたね。

白米に飢えた少年時代だったんです。

 

でも、大人になってから玄米を食べたことがありますが、それほど不味くは感じなかったです。

昔より玄米が美味しくなったのか、はたまた大人になって自分の味覚が変わったのか…。

どっちにしても普通の白米の方が絶対に美味しいですけどね。

今は玄米を食べなくても子供用の成長サプリで様々な栄養素が簡単に摂れるので、

いい時代になったなと思います。

 3歳から小学生用の成長サプリを紹介してます

【比較】タブレットタイプの成長サプリ(3歳~小学生の子供用)

 

中学校の給食は絶対的に足りなかったので、おやつは毎日食べてました。

一番よく食べた記憶があるのは、ブルボンのルマンドです。

特に好きだったわけではないのですが、家によくストックしてあったので、学校から帰ってきてから1人で1袋全部食べてました。

夕食&デザート

父親が品数が多くないと満足しない人だったので、夕食のおかずは毎日、5~6品ありました。

たぶん、そのおかげで様々な栄養素が摂れていたのでしょう。

早食いだったので、「あなたは私が2時間かけて作ったご飯をたった10分で食べる!」とよく母親に怒られていましたが(笑)

 

魚は嫌いだったので、殆ど食べなかったです。

かなりの偏食家で鶏肉も好きではなく、豚肉と牛肉だけを好んで食べていました。

餃子は大好物で、誕生日には母親に作ってもらった餃子を100個食べたこともあります。

あとは納豆もよく食べていました。

 

食事のあとは果物もよく出てきてました。一番食べたのは、たぶんグレープフルーツです。

あとはスイカ、メロン、いちご、ぶどう、プラムなんかがよく出てきてました。

 

身長を伸ばしたい方はDr.Senobiru


運動はしないでよく寝た

寝ている女性

はっきり言ってスポーツは嫌いでした。

中1の時は卓球部に入ってましたが、中2、中3は帰宅部です。

筋トレをすると身長が伸びない」などと言われていますが、

たしかに成長期には身長が伸びるために栄養が必要なので、筋トレをすると栄養が筋肉に回りそうですよね(勝手な憶測です)。

もしかすると筋肉を使うスポーツをあまりしなかったのも、身長が伸びた原因のひとつなのかもしれません。

 

小学生の時は、就寝時間が夜9時と決められていて、6年生まできちんと守ってました。

中学からは夜ふかし無制限になったのですが、

「勉強しないなら、さっさと寝なさい!」と母親に言われて、勉強したくないので毎日11時にはさっさと寝てました。

学校がすぐ目の前だったので、起きるのは8時ちょっと前だったと思います。

ですから、毎日9時間くらいは寝てたでしょうか。

もちろん、休みの日はもっと寝てました。最高で1度に22~23時間寝たこともあります。

26cm伸びた一番の習慣

自分で「これかな?」と思い当たるのは、よく部屋でゴロゴロして背伸びをしていました

四畳半の狭い子供部屋だったんですが、片側が壁で反対側にタンスがおいてありました。

バンザイ!の格好で手を上に伸ばし指先を壁にくっつけます。

そしてつま先を壁の反対側にあるタンスへ向けて、

伸びろー」とか「届けー」と心の中で叫びつつ体を伸ばしてたら、

ある日ついにつま先がタンスに届いたんですね。

背を伸ばしている自分

なりたい自分を思い浮かべて、諦めずに何かに取り組み続けていると、いつか願いが叶うそうですよ

まとめ

いかがだったでしょうか。まとめですが、

 タンパク質+カルシウム(乳製品)をよく摂った
 いっぱい食べた(特に卵、納豆、ご飯、肉類、果物)
 よく寝た
 「伸びろー」と念じながら、背伸びをした 

中学時代にこれを組み合わせたことにより、私の身長はグングン伸びました。

最初に申した通り、大きくなり過ぎてもいいことはありませんが、適度に大きくなりたい方は、よろしければ試してみて下さい。

 

男の子は私のようにガンガン食べてもいいですが、

食の細いお子さんや体型が気になる女の子は、栄養素の入った成長サプリで補うのもいいのではないでしょうか。

本日は最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 中学生にはアルギニンが効果的です

中学生用成長サプリはアルギニンいっぱいのドクターセノビルがおすすめ

 

身長を伸ばしたい方はDr.Senobiru


コメント