大人がやる「進研ゼミ中学講座」人生ずっと勉強だもの

勉強している女の子 生活

こんにちは、ikuzo(いくぞう)です。

中学生のときに「進研ゼミ」をやってました。

きっかけは、クラスで一番勉強ができる男子に

なんでそんなに頭いいの?」「なにかやってるの?」と尋ねたら

進研ゼミをやってる」と教えてくれたから。

「進研ゼミをやってる」と教えてくれた優等生

進研ゼミをやれば、かしこくなれるんだ

そう思い込んだ私は、親にお願いして中1の2学期から進研ゼミを始めました。

(結果⇒適当にやってたので、その優等生の足元にも及ばなかった。)

 

それから30年の月日が流れ、わが娘も「進研ゼミ中学講座」をやり始め、そのテキストを読んでみると…、

中学時代はクソも面白くなかったテキストが(失礼)、

大人になって読んでみたらメチャクチャ面白く感じたんです。

結局、英語・数学・理科の3教科だけですが、中学3年分の教材をすべて読みました

中学のときは苦痛だった勉強がこんなに面白いなんて、人生不思議なもんですね。

今回はそんな「大人になってからやった進研ゼミ中学講座」という話です。

スポンサーリンク

大人になって進研ゼミを読んだきっかけ

「大人になってからの進研ゼミ」といっても、課題のテストを出したり、添削を受けたわけではありません。

娘の教材を読んで、学習しただけですね。

 

ウチの娘は小学2年か3年から進研ゼミを始めました。

親に似て成績がよくなかったので「塾でも行くか?」と尋ねると「行きたくない!」と言います。

ならば、ということで私が中学時代にやっていた進研ゼミをやらせることにしたんです。

無料資料請求⇒【進研ゼミ小学講座】

ここだけの話ですが…、実は私、中学1年の2学期に

英国数理社で「オール1」という、漫画のような成績をとったことがあります。

その時は、当の本人よりも母親が焦りまくり、冬休みの間、つきっきりで勉強を教えてくれました。

おかげで3学期は、英語の「2」を除き、他の教科はすべて「3」になりました。

そんな経験から「今度は私が進研ゼミのテキストを使って、娘に教えよう」と思ったんです。

結局それを中学3年まで続けました。

 

小学生の間は、余裕で教えることができました。

しかし、中学生にもなると私の頭で5教科を教えるのは負担が重すぎるので、国語と社会は妻に任せることにしました。

なので私は英語・数学・理科を教えながら、実はそのウラで自分でも勉強してたんです。

 

私は子供に教えるついででしたが、

大人一人で「進研ゼミ」を受講するのも面白いのでは?と思いました。

「もう一度、中学の勉強をやってみたい」と考えている向上心のある方は、この機会にいかがでしょうか?

無料資料請求⇒【進研ゼミ中学講座】

30年前のナゾが次々に解けていく…

こうして約30年ぶりに中学の勉強をしてみたんですが、数学はともかく、

英語と理科は意外に面白かったんですよ。

中学時代は勉強がナゾだらけだったんですが、30年ぶりにようやく理解できたって感じですね。

人間、理解できると何事も面白いものです。

 

たとえば、理科なんですが、

冬になると家の窓が結露しますよね。

あの現象って、なぜ起きるのか説明できますか?

冬になると、なぜ窓に水滴がつくのか?

窓が結露するのは「飽和水蒸気量ほうわすいじょうきりょう」が関係してます。

空気中に含むことのできる水分量は、温度によって変わります。

たとえば、室温20℃のときに1立方メートル(1m×1m×1m)の空間に含むことのできる水分は最大で17.2グラムなんです。

これが10℃になると9.39グラムになり、温度が低くなるほど水分の含有量が下がっていきます。

この、1立方メートルの空気中に含むことができる水分の最大量を、その時の温度の「飽和水蒸気量」と呼びます。

 

仮に今、室温20℃で空気中の水分量が17.2g/㎥の部屋にいるとします(飽和状態)。

部屋の中の水分は空気中に保たれた状態ですが、外気に接している窓は部屋の中の温度よりも低く、その冷たい窓に空気が触れることにより、空気中の水分が出てくるといった原理です。

※素人なもので、表現が適切でないところがあるかもしれません。

 

と、こんなことが次々にわかるんです!

え?大したことない?

進研ゼミを親子でやるメリット

もともとウチは教育熱心な方ではなく、平均点くらいとれていれば全然OKといった家庭です。

娘は結局、進研ゼミだけで塾は一度も行きませんでした

なので最大のメリットは、塾代が全くかからなかったことです。

 

かかったのは、進研ゼミの月々の受講料6~7千円程度で、しかも親の勉強代込だったので大変お得でした。

※12か月分一括払いの場合です。

親は休日返上になりますが、その分、塾代が浮いているので「バイトして稼いだ」と思えば、どうってことありません。

塾と進研ゼミ、3年間でかかる費用の比較出典:【進研ゼミ中学講座】

娘は基本的なコースを選択してましたが、学校の定期テストで数学と理科は毎回平均点以上、取れてました。

妻が教えた国語と社会は、平均よりも低いことが多かったですが、

これは妻の教え方が悪かったというよりも、もともと娘の苦手な教科だったからだと思います。

塾に行っていれば平均以上とれていたかもしれませんが、親子共々気にしてません。

 

あとは親子のコミュニケーションが中学になっても持続したことも、大きなメリットでした。

娘が60点のテストを持ち帰ったときは、

「ここ間違えたんだ~?一緒にやった時はできてたのに、どうしたの?」

「ド忘れした」

「そっか。じゃ、しょうがないね~笑」

と、テストの点数が多少悪くても、ほのぼのした夕食になるわけです。

最後に

ということで今回は、子供の進研ゼミで親も勉強したという話でした。

娘と3年間いっしょに勉強したら、中学で習う英単語の9割以上を私も書けるようになっていました

高圧ガスの国家試験」を受けた際にも、中学の理科で基礎ができていたので、非常に楽でした。

 

私のように「中学のとき、ちゃんと勉強しとけばよかったなー」とお考えの方は、

興味のある科目だけでもお子さんの教材を使って、いっしょに勉強してみてはいかがでしょうか。

もちろん自分ひとりでもう一度、中学の勉強をするのもアリだと思います。

 

無料資料請求⇒【進研ゼミ中学講座】

コメント