エルゴヒューマンプロ Black Editionを3ヶ月使ってみた感想

ergohuman-pro 生活

こんにちは、ikuzo(いくぞう)です。

おかげさまで、ブログを始めて今回で50記事目に到達することができました。

今になってみると「こんなの誰も読まないよね?」という記事がいくつかあるものの、

その一方でまさかの5000pvを超えた記事があったりと、とりあえず私なりに継続することができてます。
※pv=アクセス数

 

さて、ブログを始めてからというもの、パソコンの前に座ってる時間がだいぶ増えました。

以前は「ニトリ」で買った2万円の椅子を使ってたんですが、5年使用したらそれなりに傷んできたので、

Ergohumanエルゴヒューマン PROプロ

という椅子に昨年末、買い替えたんですね。

高額な椅子なので買うまで悩みましたが、これが大変使い心地がよく、今は

買ってよかった!」と思ってます。

そこで今回は、使い始めて3ヶ月たった「エルゴヒューマンプロ」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

買うまでの経緯

事の始まりは5年使った椅子が座ると「ギーギー」音がして、表面の合成皮もボロボロになったことです。

妻から「買い替えれば?」と何度か言われたものの、なかなか踏ん切りがつかずにいたある日、

妻が「新しい食器棚が欲しい」と言うので近所の家具屋へ行きました。

 

妻が食器棚を見ている間、私はヒマなので椅子売場へ。

そして売場にあったデスクチェアに片っぱしから座ってみたんですが、その中に1つだけ、他の椅子とは別格の座り心地のいい椅子があったんです。

それが「エルゴヒューマンプロ」です。

 

私が椅子に求めるのは、

座り心地がいいこと

椅子に体を預けたときのフィット感

の2つです。

無論、これは誰もが重視することだと思いますが。

 

ただ私の場合は身長が188センチなので、

椅子の背もたれがが低い

ヘッドレストの位置が合わない

なんてことがよくあります。

しかし、「エルゴヒューマンプロ」は背もたれとヘッドレストの位置が私にも最適で、

とてもベストなフィット感だったんですね。

 

で、値札を見ると他の椅子は2~5万円のところ、エルゴヒューマンだけは約10万円

そこまで椅子にお金をかけるつもりはなかったので「いいなぁ」と思いつつも、その日は買わずに帰りました。

ネットだと実質8万円くらいで買える

そして2ヶ月間悩んだあげく、結局これを買ってしまいました。

エルゴヒューマン プロ ブラックエディション
エルゴヒューマン プロ “ブラックエディション”

通常のエルゴヒューマンはフレームがシルバーですが、こちらの商品はフレーム部分を黒く塗った「ブラックエディション」です。

好みの問題ですが、全部「黒」の方が落ち着いた感じでいいかなと。

私は「オットマンなし」を選択しましたが、「オットマン内蔵」のブラックエディションもあります。

 

オットマンなしは定価164,670円で、販売価格はYahoo!ショッピング(以降、Y!ショピ)、アマゾン、楽天のいずれも101,640円(税込)です。

私はTポイントなどがいっぱいもらえるので、Y!ショピで買いました。

Y!ショピはソフトバンクユーザーだと、Tポイントの他にPayPayボーナスがいっぱいもらえて、タイミングによっては実質8万円くらいで購入できることもあります。

\9月30日までは「おうちでんき」がたいへんお得!/

【ソフトバンクユーザーの合わせ技】光回線やヤフーショッピングがお得に

使ってみての感想

以下はすべて個人の感想です。

座り心地は多少硬めですが、長時間座っても疲れません

休みの日などは10時間以上座ってますが、お尻がいたくなることもないです。

そして何より気に入ってるのは、後頭部から腰にかけてのフィット感です。

 

私は身長が188センチあるので座高もそれなりですが、ヘッドレストを一番高い状態にして座ると、私のような座高でもヘッドレストの下に肩がスッポリ入ります。

そして腰の位置には盛り上がった「ランバーサポート」があり、リクライニングさせたときの気持ちよさは東北新幹線の「グランクラス」にも負けてないです。

座面の硬さはクッション性があるのでグランクラスの方が快適ですが、フィット感はエルゴヒューマンの方が上だと思います。

(フィット感は体型によって変わるので、一概に言えないですが。)

 

故郷の青森へ帰るときに好奇心でグランクラスを使ったことがありますが、東京からだと普通席よりも約1万円高くなるんですね。

乗ってる時間は3時間ちょっとなので、席の使用料は1時間あたり約3千円です。

(ただし、無料の弁当がついてきたり飲み物も自由に飲めたりします。)

 

対するエルゴヒューマンは、仮に1日3時間で5年間使ったとすると、

3時間×365日×5年=5,475時間

価格が約10万円なので、それを5,475時間で割ると1時間あたりの使用料はなんと

約18円

グランクラスに比べたら無料ただみたいなもんですね。

スポンサーリンク

「エルゴヒューマンプロ」の機能など

エルゴヒューマンプロの機能は下に記載しましたが、こちらの動画を見ていただくのがてっとり早いかと思います。

[関家具/エルゴヒューマン]プロ機能説明

ブラックエディションは完成した状態で届くので組立不要です。

玄関先で開梱して妻と2人で2階に上げましたが、重量が28kgあるので結構苦労しました。

あとで分かった話ですが、配送業者さんが設置する部屋まで運んでくれるそうです。

(設置については念のため、購入前に販売店へお問い合わせ下さい。)

素材

座面や背面はメッシュです。

ニトリの椅子は合成皮だったので暑い時期は蒸れましたが、今後は快適に過ごせそうです。

エルゴヒューマンプロの座面

メッシュ素材なので型崩れを心配しましたが、毎日4~5時間使っても、今のところ新品と変わらない状態をキープしてます。

ちなみに通常のエルゴヒューマンプロには、メッシュの他に「モールドクッション(ウレタン)」の座面もあります。

ヘッドレスト

ヘッドレストは上下に5センチ可動し、角度も調節できます。

ヘッドレスト 下げた状態
下げた状態
ヘッドレスト 上げた状態
5センチ上げた状態
ヘッドレスト 角度調節
角度は4段階に調節可能

なお、エルゴヒューマンプロには「ハイタイプ」と「ロータイプ」がありますが、

ハイとローの違いはヘッドレストの有無です。

※ブラックエディションは「ハイタイプ」のみです。

背もたれ

背もたれは左右のラッチを押して上下に高さを調節します。

背もたれ高さ調節
左右のラッチを押して高さは4段階に調節可能(最大上下6センチ)

背もたれと一緒に腰の部分に当たる「ランバーサポート」も上下に動きます。

背もたれ一番上
背もたれを一番上げた状態

背もたれ一番下
背もたれを一番下げた状態

アームレスト

このアームレストが秀逸です。多彩な調節が可能です。

アームレストまっすぐ
まっすぐ
アームレスト開く
ひらく
アームレスト閉じる
とじるとお腹が苦しそう(≧0≦)
アームレスト高さ調節
高さは9段階に調節可能
アームレスト 前後左右に調節可能
前後左右にも動きます

マームレストの間隔
アームレストを平行にして一番広げた状態で約47センチの間隔があります

リクライニング

椅子の右側にあるレバーを後方へスライドさせると、リクライングの調節ができます。

ブラックエディションは最大26度まで傾きます。

リクライニングした状態
リクライングさせたあと、レバーを真ん中へ戻せばロックがかかります

ハンドルを回してリクライングの硬さを調整
ハンドルを回すとリクライニングの硬さを調節できます

座面

座面は高さと角度が調節できて、あとは前後にスライド可能です。

座面の高さと前後スライド調節
座面は前後のスライド量が約6センチ、高さは床から46~55センチの間で調節可能

前後にスライドさせたい場合は椅子の右側にあるレバーを前へ(元の位置に戻せばロック)、

レバーを上げると高さの調節ができます。

座面の角度調節
座面下にあるノブを回すと座面の後ろ側が最大2センチ上昇し、角度調節が可能です

最後に

正直10万円だと買わなかったかもしれませんが、実質約8万円で毎日快適に過ごせているので、満足度の高い買い物でした。

複雑な形をしている分、掃除はちょっと面倒です。

掃除用の小さなモップ
こんな小さなモップがあると便利です

 

色はブラックだけでなく、たくさんの種類があります。

もし「今使っている椅子が古くなってきた」「座り心地のいい椅子を探している」という方は、

近所の取扱店で「エルゴヒューマン」を試されてみてはいかがでしょうか。

私は毎日快適に使えてるので、おすすめします。

 

エルゴヒューマンの特約店・取扱店はこちら

コメント