娘が18歳になったら車の任意保険が14万円!?でもそこから4万円安くなった方法とは?

大黒天に「4万円ありがとー」と言う男性 トラック/交通

みなさん、車の任意保険には加入されていますか?

「え、任意保険なんて誰でも入っているんじゃないの?」

そう思われる方もいるかもしれませんが、実は任意保険の加入率は

  • 普通乗用車(3ナンバー)が82.7%
  • 小型乗用車(5ナンバー)が78.8%
  • 軽自動車(乗用)が77.5%

と全体では約80%、約5台に4台の割合です(参照元:2020年度 自動車保険の概況)。

任意保険の加入率(円グラフ)

つまり、5台に1台は任意保険に加入していないという、、、

そんな車にもしぶつけられたら事故後の交渉が面倒そうでたまりませんね。

気をつけましょう(どうやって気をつける?)。

 

さて、私は会社で団体割引が適用された保険に加入しています。

任意保険は、団体扱いで加入すると5~30%ほど一般の保険よりも安くなります。

団体割引制度に加入している企業や団体に勤務されている方であれば、利用しない手はありません。

 

ある時、つき合いのあるホンダの営業マンから「ikuzoさん、うちの自動車保険に入ってもらえませんか?」と言われたので、団体扱いの補償内容と保険料を見せたところ

「これは太刀打ちできない…」と申しておりました。

 

しかしそれほどの団体扱いの保険をやめて、いっとき別の保険に加入していたことがあります。

なぜかというと、そっちの保険の方が年間4万円も安かったから。

当時うちの会社は25%の割引が適用されていたんですが(その後、事故が増えたため20%に下がった)、

さらにそれより4万円も安いという、時と場合によってはそんなに保険料が下がることもあるのです。

なので今回は「今、加入している保険が一番安い」などと思わずに、たまには任意保険の一括見積もりをしてみようぜよ、

というお話しです。

18歳~20歳の任意保険はべらぼうに高い

結論を書くと、私がいっとき加入したのは『おとなの自動車保険』(セゾン自動車火災保険)です。

俳優の香川照之さんがコマーシャルに出ているあの保険、といえばお分かりいただけるかと思います。

この保険↓

その『おとなの自動車保険』に加入した時期は、娘が18歳~20歳だった3年間です。

18歳~20歳は運転経験が少なく、その3年間は事故を起こしやすい傾向があるため、保険料が高く設定してあります。

それまで「夫婦限定、35歳以上補償」の保険に18歳の娘を含めたところ

「てやんでぃ、バーロー、ちくしょう!」と言いたくなるほど保険料が跳ね上がりました。

年間5万円だった保険料がなんといきなり14万円です。

自動車保険が9万円も上がって怒り狂う男性

保険料が高くなることはもちろん知っていましたが、これは予想をはるかに超えた金額でした。

まして団体割引が適用されているのに14万円、です。

ただ「18歳~20歳のお子さんのいる家庭は『おとなの自動車保険』が安い」という噂をネット上で見たことがあったので、

ダメ元で他の保険会社も含めて一括見積もりを請求してみることにしてみました。

一括見積もりしたら保険料が4万円下がった

一括見積もりとは、一度の入力で複数の保険会社から見積もりが取れて保険料が比較できるというとても便利なシステムです。

 

たとえば、保険スクエアbang!というサイトでは、最大17社の見積もりが一気に取れます。

しかもすべて有名どころの保険会社ばかりなので不安はありません。

保険スクエアbang!で見積もりが取れる保険会社一覧▲保険スクエアbang!で見積もりが取れる保険会社

うちは約10社の保険会社から見積りが届きましたが、ネット上の噂通り、やはり一番安かったのは『おとなの自動車保険』でした。

しかもその保険料は約10万円。

団体割引が適用されたうちの会社の保険よりも、なんと約4万円も安くなっているではありませんか。

自動車保険料が14万円から10万円に下がって喜ぶ夫婦

考えてみると10万円でもそれまでの倍の保険料なんですが、一度14万円を経由したことにより、

脳ミソが10万円を安いと感じてしまうのは人間の悲しい性なのかもしれません。

 

そのまま娘が18歳~20歳の間は『おとなの自動車保険』に加入、

娘が21歳になってからは「21歳以上補償特約」でうちの会社の自動車保険もグッと料金が下がったため、またそちらに戻りました。

 

『おとなの自動車保険』に加入していたのはすでに数年前なので、もしかすると今はもっと安い保険会社があるかもしれません。

お子さんのいるご家庭もいないご家庭も、保険料が高いと感じているようであれば

ぜひ一度「一括見積もり」を利用して、保険料金を比較してみるといいと思います。

うそかまことか、平均で35,000円も安くなるそうです

自動車保険の見積もりで安くなった金額は平均35,000円

必要事項の入力はわずか3分(人によるよな)、『おとなの自動車保険』を含む、複数の保険会社の見積もりを一括でとることができます。

保険スクエアbang!トップページ保険スクエアbang!はこのボタンを押して見積もりスタート

1日自動車保険もおすすめ

ご参考までにですが、18歳~20歳のお子さんのいるご家庭で、お子さんがたまにしか運転されない場合は「1日自動車保険」という方法もあります。

あらかじめ保険会社に必要事項を登録しておく必要がありますが、乗る直前に1日単位で自動車保険に加入することができます。

保険料は1日800円~と格安で、携帯会社の「まとめて支払い」などが利用できます。

保険会社 保険の名前 保険料(24時間)
東京海上日動 ちょいのり保険 800円~2,600円
三井住友海上 1DAY保険 800円~2,500円
損保ジャパン 乗るピタ! 1,000円~3,500円
あいおいニッセイ ワンデーサポーター 800円~2,500円

ただし、1日自動車保険は「他人の車」を運転することを前提とした保険です。

そのため自己所有の車に本人が1日自動車保険をかけて乗ることはできません。

運転者限定条件から外れているお子さんであれば加入が可能です。

1日自動車保険のデメリットとしては、車両保険に加入しても免責金額が高いため、

車をぶつけてしまうと修理代金が非常に高くなるケースもあるので注意が必要です。

今回のまとめ

 自動車保険の保険料が高いと思ったら一括見積もり請求

 たまにしか車を運転しない人であれば1日自動車保険も視野に入れる

本日は読んでいただき、ありがとうございました。

コメント