青森市【ひらこ屋】酸味の効いたとんこつ煮干しスープが美味すぎる!

ひらこ屋の「こいくち」 青森

こんにちは、ikuzo(いくぞう)です。

今回紹介するのは青森市にある「中華そば ひらこ屋」です。

ひらこ屋といえば、「秘密のケンミンSHOW」で青森ラーメンの企画でトップで紹介されたり、

「ラーメンWalker青森2019」でも旨い店ランキングの1位に選ばれてます。

今回はそんな、青森市でもっとも勢いのあるラーメン屋さん「ひらこ屋」を紹介します。

スポンサーリンク

ひらこ屋の場所と営業時間など

ひらこ屋は青森市の中心部(県庁のあたり)から、国道7号線を車で西へ10分くらい走った場所にあります。

新幹線が止まる新青森駅からは約2kmくらいで、歩いてでもどうにか行ける距離です。

こちらは現在のひらこ屋です。

ひらこ屋の外観

ひらこ屋がオープンしたのは2005年で、私が初めて訪れた2016年はこんな店構えでした。

ひらこ屋(2016年当時)

【中華そば ひらこ屋】
住所:青森市大字新城山田588-16
電話:017-787-0057
営業時間:10:30~21:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

ひらこ屋 店内の様子

店内はカウンター6席(コロナ前は8席でした)と、テーブル席が3卓あります。

ひらこ屋の店内

以前はこのように青森のラーメン屋の基本三原則「七味・コショー・かえしだれ」がテーブルの上にありましたが、

七味・コショー・かえしだれ

2021年に訪れると「コショー・かえしだれ・トウガラ酢・中華蕎麦専用とうがらし」という布陣に薬味が変わってました。

コショー・かえしだれ・トウガラ酢・中華蕎麦専用とうがらし

これが平子の煮干しのようです( ✧Д✧)

平子の煮干し

使う煮干しは日によって変わるみたいです。

ひらこ屋「今日の煮干し」

スポンサーリンク

ひらこ屋のメニュー

ひらこ屋のラーメンは5種類あり、最近になって「辛玉パンチ」というトッピングができてました。

ひらこ屋のメニュー(表面)

ひらこ屋のメニュー(裏面)

ひらこ屋 メニュー

  • あっさり(煮干し中華そば)
  • こいくち(とんこつ煮干しそば)
  • にぼダク(こいくちにぼダク)
  • せあぶら(背脂煮干しそば)
  • バラそば(煮干しバラ肉そば)

一番人気は、とんこつ煮干しスープの「こいくち」です。

「にぼだく」は1日10食限定なので、早い時間でなくなります。

5種類のラーメンはこのあと画像をご覧いただきます。

 

ひらこ屋はお客さんにとても優しいシステムで、お店についたら入口でラーメンを注文してポケベルを受け取ります。

そして自分の車で待っているとポケベルが鳴るので、そしたらお店に入ります。

ひらこ屋で注文後に渡されるポケベル

冬の厳しい時期や天気の悪い日は外で並んで待っているのが辛いので、とても有難いシステムです。

歩きで行ったに人には、入口付近に4人分くらいの待てるスペースがあります。

ちなみに私は歩いて行くこともありますが、歩きで「ひらこ屋」に来る人はあまりいません(笑)

スポンサーリンク

ひらこ屋の駐車場

ひらこ屋は、約20台分の駐車スペースがあります。

ひらこ屋の駐車場

ひらこ屋の駐車場(見取り図)

お昼時や土日祝日は混んでることが多いので、初めてお店を訪れる方は混雑する時間帯を避けて行った方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

ひらこ屋のラーメン

それでは、ひらこ屋のラーメンをご覧いただきます。

一番人気の「こいくち」

まずは、ひらこ屋で一番人気の「こいくち」です。

写真は「こいくち」の大 + 無料の「ネギだく」です。

(ネギだくの「2だく」「3だく」は有料です。)

ひらこ屋の「こいくち」

煮干しのスープは泡立ってます!「うまそう」なんてもんじゃありませんね!

具はネギ・メンマ・チャーシューで、トンコツ + 煮干しのスープは、煮干しの圧倒的勝利です!

煮干しの酸味をバリバリ感じるスープです。

「こいくち」のスープ

チャーシューは厚切りと薄切りのモモ肉が1枚ずつ入ってます。こちらは厚切りのモモ肉です。

ひらこ屋の厚切りモモチャーシュー

ひらこ屋の麺は中太ストレート。ツルツルのもっちり麺です。

ひらこ屋の中太ストレート麺

個人的にこのタイプの麺が一番好きなので、ただただ、ひたすら美味いラーメンです!

スッキリ味の「あっさり」

醤油の味わいと煮干しの風味が口の中で広がる「あっさり」です。

見た目にも美しいラーメンです。

ひらこ屋の「あっさり」

1日10食限定の「にぼダク」

青森県に住んでいないので、なかなかありつけなかったのが1日10食限定の「にぼダク」です。

見た目は「こいくち」よりも泡立って、やや恐ろしい感じもしますが、煮干し大好き男の私としては中毒になるような味でした。

食べたい方は、なるべく早い時間帯にお店へ行きましょう。

ひらこ屋の「にぼだく」

鬼を見るかも?の「せあぶら」

背脂煮干しそばの「せあぶら」は、背脂の量によって「せあぶら」「中あぶら」「鬼あぶら」の3種類から選べます。

背脂を増量しても追加料金はかかりません。写真は「中あぶら」のネギだくです。

ひらこ屋の「中あぶら」

そしてこちらが「鬼あぶら」です。インパクト大ですね。

ひらこ屋の「鬼あぶら」

ひらこ屋の「鬼あぶら」

「中あぶら」は平気でしたが、私は「鬼あぶら」を食べて6時間後に地獄を見ました。

お腹の弱い人は、鬼を見ることを覚悟して食べて下さい。

♪薔薇が咲いたの「バラそば」

「バラそば」は豚バラ肉と薔薇をかけているんですね。

見てください、まるで薔薇の花のように盛り付けられたこのバラ肉を。

ひらこ屋の「バラそば」

バラ肉は全部で15枚くらいありました。

煮干しスープを吸ったバラ肉は口の中でとろけるような食感でとても美味しいです!

これで中盛り850円はなかなか安いと思います。

スポンサーリンク

最後に

「ひらこ屋」外観

青森市の人気ラーメン店「ひらこ屋」はいかがだったでしょうか?

4~5種類のラーメンがある「ひらこ屋」に来れば、その日に食べたいラーメンが必ずある、といったところでしょうか。

(「にぼダク」は開店して間もなく売り切れるので、常にあるのは4種類のラーメンです。)

そして、ひらこ屋は接客も抜群で気持ちよくお客さんを迎えてくれます。

(というか、私の知ってる青森のラーメン屋で態度の悪いラーメン屋はありません。)

ぜひ青森市へ行ったら、私イチオシのラーメン屋「ひらこ屋」へ足をお運び下さい。

コメント