青森市【華丸ラーメン】焼干しあ肉ラーメンの「あ肉」ってなぁに?

青森市 華丸ラーメンの「焼干しあ肉らーめん」 青森

今回は青森市の郊外にある「華丸ラーメン」に行ってきました!

華丸を訪れたのは、二十何年ぶりです。

むかし食べた記憶はあるのですが、もはやよく覚えていないレベルです。

お店もいつのまにか移転してたようですね。

その二十何年前は親戚の人に連れてきてもらいました。

「くどうのラーメンと同じだよ」とその人は言ってましたが、食べてみると確かに新町にある「くどうラーメン」と同じような味だったことだけ覚えています。

なぜここまで「くどう」に似ているのか?

これも聞いた話ですが、華丸ラーメンの店主は「くどうラーメン」の主、工藤公さんのお姉さんのようです。

華丸の公式サイト「華丸ラーメンの歴史」にもそのようなことが書かれているので、たぶん間違いないでしょう。

自分的にはどちらかというと青森駅に近い「くどう」の方が便がいいので、「同じだったら、わざわざ行く必要もないね」という理由から華丸には二十何年間、足が遠のいていました。

しかし車でお店の前を通るといつも混んでいるので気になっていたのと、今も「くどう」と同じなのかを確かめたくなり、久々に華丸ラーメンへ行ってきました!

華丸ラーメン公式サイト↓(50円の割引クーポンあり)

華丸ラーメン
おかげさまで20周年 青森伝統の中華そばを受け継ぐ「華丸ラーメン」東日本限定配送「お取り寄せラーメン」お取り扱い中

 

スポンサーリンク

華丸ラーメンの場所と営業時間など

お店は青森自動車道の青森中央ICから1キロくらいの場所にあります。

青森 華丸ラーメン(外観)

遠くからでもすぐに発見できる黄色い建物が目印です。

駐車場は40台!とめれるそうです。

【華丸ラーメン】
住所:青森県青森市大字八ツ役芦谷231-3
電話:017-739-7730
営業時間:10:00~18:00(月・火・水は17:00まで)
定休日:木曜日

店内の様子

今回伺ったのは平日の11時だったので、まだそれほど混んでいませんでした。

青森 華丸ラーメン(店内)

席数はカウンターが11席、テーブル席が17席、奥の座敷には44人分の席があるので混む時間帯でも回転は早そうです。

私が食べている間にお客さんがどんどん入ってきて、お店を出るころには結構混雑してました。

華丸ラーメン 調味料

テーブルには、たくさんの調味料があります。

「ホワイトペッパー」「ブラックペッパー」「ラーメン醤油(かえしだれ)」「七味」とここらへんは青森にある魚系のラーメン屋にはオーソドックスな調味料ですが、

「にんにく」「豆板醤」「ラー油」と、「これを焼き干しラーメンに入れるの?」みたいな調味料もありました。

さらに「だし粉」も置いてあり、こちらはラーメン・おにぎり・ご飯にかけるもよし、

だし粉を使って自分で作る「焼豚丼」もおススメだそうです。

華丸ラーメン「だし粉で作る焼豚丼」

華丸ラーメンのメニュー

華丸ラーメン メニュー
ラーメンは「焼干しらーめん」と「焼干しあ肉らーめん」の2種類です。

ラーメン メニュー

焼干やきぼしらーめん

  • 特大(2玉)/780円
  • 大(1.5玉)/680円
  • 中(1玉)/580円
  • 小(2/3玉)/480円

焼干やきぼしあにくらーめん

  • 特大(2玉)/860円
  • 大(1.5玉)/740円
  • 中(1玉)/620円
  • 小(2/3玉)/500円

気になる「あ肉」は「あぶら肉」の略だそうです。

私がお店にいる間は「焼干しらーめん」よりも「焼干しあ肉らーめん」を頼む人の方が多いように感じました。

華丸ラーメン 夏季限定メニュー「中華ざる」

メニュー裏面には5月~9月までの「夏季限定メニュー」もありました。

冷やし中華のほかに、夏の青森ド定番メニュー「中華ざる」もあります。

写真を見ると、きざみ海苔が沢山のってて、うずらの卵もあって美味しそうですね。

スポンサーリンク

華丸の焼干しらーめん

華丸ラーメン 焼干しあ肉らーめん
これは連れが頼んだ「焼干しあ肉らーめん」の中です。

華丸ラーメン 焼干しらーめんに「あ肉」をトッピング
私は「焼干しらーめん」の大に「あ肉」を1枚トッピングしました(右側があ肉です)。

「チャーシュー」は1枚70円、「あ肉」は1枚90円で追加できます。

「あ肉」はふつうのチャーシューよりも柔らかめで、「あぶら肉」というわりに脂が極端に多いわけではありません。

初めてお店を訪れる方は、どちらかをトッピングで追加して食べ比べてみてはいかがでしょうか。

華丸ラーメンのスープ
「くどう」と同じようなラーメンが出てくると思っていたのですが、スープは「くどう」よりも色が濃くてコクがありました(シャレではありません)。

華丸ラーメンの麺
細めの麺も「くどう」のように硬め?と思いきや、意外に柔らかい麺でした。(麺やスープは好みで調整してもらえます。)

華丸ラーメン 「おかか」おにぎり
ラーメンのほかに「おかか」のおにぎりを注文しました。

青森県出身の作家、太宰治の作品には「富士には月見草がよく似合う」とありましたが、

個人的に「青森の魚系ラーメンには胡麻のおにぎりがよく似合う」と思います。

二十何年前は同じようなラーメンだと感じていましたが、結果的に今回、華丸のラーメンを食べたら「くどう」とは全く別物でした。

この歳月の間、独自に進化してきたのでしょうか。

それとも二十何年前の自分が違いを感じなかっただけでしょうか?(*_*)

同じ焼干しラーメンでタイプは違えど、「華丸」も「くどう」のどちらも美味しい青森ラーメンということが判明しました!

最後に、華丸ラーメンは東日本限定ですがお取り寄せもできるそうです。

華丸ラーメンお取り寄せ

コメント