【長尾中華そば 青森駅前店】朝7時から濃厚煮干し「ごぐえぎ」を食べてきました

長尾中華そば 青森駅前店の「ごぐえぎ」 青森

こんにちは、ikuzo(いくぞう)です。

今回は青森駅近くにある、朝7時開店のラーメン屋さん「長尾中華そば 青森駅前店」を紹介します。

長尾中華そばの看板

青森市といえば煮干しを使ったラーメンが主流です。

昔からある青森市内のラーメン屋さんは「蕎麦のつゆか?」とツッコミたくなるくらい、すっきりした醤油色のスープです。

他の地域だと「脂っこくないラーメン」「さっぱりしたラーメン」といっても多少の油は浮いてますが、

スープの表面にまったく油が浮いていないラーメンも青森では珍しくありません。

 

そんな中、透明感のない煮干しスープを引っさげて「長尾中華そば」がオープンしたのは2004年のことです。

鶏ガラとトンコツを合わせたスープに、丹念に炊き出した煮干しスープを合わせた、

まさに衝撃の濃厚Wスープ

今では「長尾」の影響で、市内に15軒以上の「濃厚煮干し」のお店があるので珍しくなくなりましたが、

当時はインパクト大でした。

そんな「長尾中華そば」は現在、青森県内に6店舗(青森市4店舗、弘前市と五所川原市に1店舗)、

さらに東京の神田と宮城県の名取市にもお店があります。

スポンサーリンク

長尾中華そば 青森駅前店の場所と営業時間など

長尾中華そば 青森駅前店」は青森駅の東口を出て南側へ1分くらい歩いた、ラビナ駐車場の1Fにあります。

長尾中華そば 青森駅前店の外観

青森市には朝7時開店のラーメン屋さんが何軒かありますが、青森駅近くで朝7時からやっているお店は長尾中華そばだけで、

8時になると駅から歩いて5~6分のラーメン屋さん「くどう」と、駅のすぐ近くにある「お食事処おさない」でもラーメンが食べられます。

【長尾中華そば 青森駅前店】
住所:青森市柳川1丁目2-3
電話:017-773-3715
営業時間:7:00~21:00(スープ品切れで終了)
定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は、翌火曜日がお休み)

長尾中華そば 青森駅前店 店内の様子

長尾中華そば 青森駅前店はカウンター席のみで、9人か10人で満席の小さなお店です。

長尾中華そば 青森駅前店の店内

席にはウォーターサーバーがあり、立たずにお水が注げます。

長尾中華そば 青森駅前店のウォーターサーバー

ラーメンを注文すればライスが無料で食べられます。「ねぶた漬け」や「納豆」などのライストッピングもあります。

長尾中華そば 青森駅前店はライスが無料で食べ放題

ラーメンの薬味は「一味」と「七味」、そして「ブラックペッパー」という布陣です。

長尾中華そばに置いてあったラーメンの薬味

スポンサーリンク

長尾中華そば 青森駅前店のメニュー

長尾中華そば 青森駅前店は、お店に入る前に外の券売機で食券を買うシステムです。

ラーメンはスープ4種類と麺の太さ4種類から好きな組み合わせを選びます

ラーメン メニュー

  • あっさり/650円
  • あっこく/730円
  • こく煮干し/800円
  • 裏メニュー(ごぐえぎ)/880円
  • にぼめしセット/1050円

※大盛は100円増し

麺の太さ(4種類):手打麺・中太麺・細麺・ちぢれ麺

スープ(あっさり~ごぐえぎ)は煮干しが濃くなるほど、値段が高くなります。

麺はどれを選んでも値段は変わりません。

ただし「こく煮干し」と「ごぐえぎ」は、「ちぢれ麺」の選択ができません

お店としても「濃いスープ×ちぢれ麺」の組み合わせはおススメしない!ということなのでしょう。

 

さらには夏には「冷しにぼラーメン」、冬は「にぼ味噌」と期間限定のラーメンもあります。

これだけメニューがあると初めて来店された方は迷われると思います。

もし迷われたら!

初めての方にはスープは「あっこく」(あっさりと濃厚の中間)、

麺はもっちり感が味わえる「手打麺」か「中太麺」を個人的にはおすすめします。

 

券売機はタッチパネル式です。少々ややこしいので、初めての方は戸惑うかもしれません。

見やすいように夜間に撮影してきました。

長尾中華そば 青森駅前店の券売機

長尾中華そば 青森駅前店の券売機

ボタンが大きいだけに、お店のイチオシは「手打麺」だと思われます。

ラーメンのあとにしめの「にぼめし」を食べるつもりであれば、お得な「にぼめしセット」を注文するといいでしょう。

私は注文したことはありませんが、券売機の写真を見ると「こく煮干し」に250円の追加で、

半熟味玉と海苔3枚、チャーシューがそれぞれ1枚ずつ増えて、さらに納豆がついてくるようです。

長尾中華そば 青森駅前店の「にぼめしセット」

「にぼめし」とはこれです↓

長尾中華そば「〆のにぼめし」

スポンサーリンク

裏メニューの「ごぐえぎ」を朝から食べてきました

今回は開店間もない朝7時すぎに、青森駅前店限定の裏メニュー「ごぐえぎ」を食べてきたので、そちらを紹介したいと思います。

裏メニューといいつつ、券売機にはちゃんとボタンがあります(笑)

青森駅前店の裏メニュー「ごぐえぎ」

席について約10分で「ごぐえぎ」が出てきました。

ごぐえぎの名称は濃い「液」と駅前店の「駅」をかけているそうです。

青森駅前店の裏メニュー「ごぐえぎ」

「ごぐえぎ」のスープは煮干しでどろんどろんです。

「ごぐえぎ」のスープ

今回は中太麺をチョイスしましたが、ぷりぷりモチモチの麺は煮干しの濃厚スープとの相性抜群でした。

長尾中華そばの中太麺

チャーシューは2種類入ってます。

モモ肉のチャーシューは着丼したら早めに、バラ肉のチャーシューはスープに十分ひたしてから食べるのがおすすめだそうです。

長尾中華そばのバラ肉チャーシュー

これだけ濃いの食べてしまうと、煮干し大好きオヤジとしては「あっこく」や「こく煮干し」ではもはや物足りなく感じるかもしれません(笑)

スポンサーリンク

長尾中華そば 青森駅前店のラーメン

それでは長尾中華そば 青森駅前店の他のラーメンもご覧いただきます。

長尾中華そばの「あっさり」

「あっさり」は、スープが透き通っていて、昔ながらの青森ラーメンという感じがします。

こちらは「あっさり」×ちぢれ麺です。

長尾中華そば 青森駅前店の「あっさり」

長尾中華そばの「ちぢれ麺」

「あっさり」×細麺です。

長尾中華そばの「細麺」

長尾中華そばの「あっこく」

「あっさり」と「こく煮干し」の中間の「あっこく」です。

こちらは、ねぎだく&チャーシュー増しにしたものです。

長尾中華そばの「あっこく」

長尾中華そばはスープによって、丼の種類が変わります。

長尾中華そばの「こく煮干し」

私が長尾中華そばで一番よく食べるのがこの「こく煮干し」です。

長尾中華そばの「こく煮干し」

中太麺にして、半熟味玉をトッピングしました。半熟味玉は写真を撮る前に思わず一つ食べてしましました(笑)

長尾中華そばの「こく煮干し」半熟味玉入り

スポンサーリンク

最後に

いかがだったでしょうか?

いささか組み合わせに悩む「長尾中華そば」ですが、ぜひ何度か通って自分にベストマッチな組み合わせを探してみて下さい。

食べ終わったら、丼を返却口に戻してテーブルを拭いてもらえると店員さんが助かるそうです。

狭い店内なので、なるべく協力してあげて下さい。

コメント