頭金ゼロでも新車に乗れる!残価設定ローンとカーリースの違い

新車のバックミラーを調整する女性 生活

こんにちは、ikuzo(いくぞう)です。

突然ですが、新車っていいですよね。

新しいSUVに乗って温泉行きたいなーとか、

ミニバン乗って家族でキャンプ行けたら楽しいだろうなーとか

新車に乗ってどこかへ行くことを考えるとワクワクしますよね。

特に新車って、あの匂いだけでも高揚感が高まってたまらないですよね(笑)

とは言っても「新車は欲しいけど、高くて買える余裕なんてないよ!」なんて諦めてませんか?

 

今回はそんなあなたに、頭金なしで新車に乗れる方法を2つ紹介します。

その方法とは

  • 残価設定ローン
  • カーリース

の2つです。

 

残価設定ローンはその名の通り、何年か後の残価を決めて、その分は支払わずに月々の支払いが安くなる方法です。

カーリースも支払い額は契約期間分だけなので、新車を買って長期ローンを組むよりも月々の支払いを安く抑えることができます。

どちらも「3~5年に一度は車を変えて、新車に乗り続けたい」という方に向いているプランです。

この2つ、メリットもあればもちろんデメリットもあります。

今回はそんな残価設定ローンとカーリースの違いや

頭金0円で月々いくら支払えば新車に乗れるのかを調べてみました。

残価設定ローンの特徴

まずは、私の付き合いのあるホンダの営業マンに話をきいてみました。

 

残クレ(「残価設定ローン」のホンダの呼び名)とカーリースの大きな違いは何ですか?

残クレは・・・7年乗り続けるとその車はお客様の物になります。

カーリースは・・・いくら乗り続けてもお客様の車にはなりません。

 

残クレとカーリースはどちらが契約が多いですか?

残クレです。個人のお客様でカーリースを契約する人はほとんどいません。

法人で契約する場合はカーリースが多いです。

 

法人はカーリースでの契約がなぜ多いのですか?

税金や整備費用などが全て含まれていて、追加で費用が発生することが少ないので、

税金の申告がスマートになるからです。

 

残クレの個人の利用率はどれくらいでしょうか?

ホンダの場合、約4割のお客様が現金で購入(他社の金融機関でのローンを含む)、

残りの6割が当社のローンで、そのうち大半(8~9割)のお客様が残クレを選んでます。

 

残クレは頭金なしで利用できますか?

可能です。一定数のお客様が頭金0円で利用されてます。

 

残クレと通常のローンとでは、審査の基準は変わりますか?

一緒だと思います。

 

残クレの契約期間は何年ですか?

ホンダの場合は3年(36回払い)、4年(48回払い)、5年(60回払い)の3つから選べます。

再契約をした場合は、最長で合計7年(84回払い)まで契約可能で、

7年乗り続けると車はお客様の所有になります。

 

3年、4年、5年の最初の契約期間が終わったら車はどうなりますか?

以下の3通りからお客様に選んでいただきます。

  • 新車に乗り換える(契約中の車は返却して終わり)
  • 残価を現金か、再度クレジットを契約して支払う
  • 車両を返却して契約終了

 

残クレを利用した場合、月々の支払いの他にかかる費用は何でしょうか?

タイヤやバッテリーなどの消耗品、毎年の税金や車検時の諸費用、任意保険などは

お客様のご負担となります。

 

6ヶ月点検、1年点検、車検時の整備費用は月々の支払いに含まれていますか?

含まれません。

ただし、点検パックの「まかせチャオ」を残クレに組み込むことは可能です。

 

>>シミュレーション ホンダの残価設定型クレジット

カーリースの特徴

一方のカーリースですが、今回はSOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)というカーリースを、

ホンダの残クレと比較してみました。

カーリースは頭金や初期費用がかからず、気軽に新車に乗り始めることができます。

そして残価設定ローンとの大きな違いは、

整備費用や毎年の税金、車検時の費用、任意保険などが月々の支払いにすべて含まれていることです。

(任意保険は別に加入してもOKです。)

なので「あー、来月車検だから10万円くらい用意しなくちゃ」なんてことがありません。

ただ、カーリースの場合は何年乗っても自分の車にはなりません。

車は何年かおきに必ず乗り換えたいという人に向いているプランです。

 

また「SONPOで乗ーる」の場合は国産、輸入車の新車がどれでも選ぶことができるので

たとえばA社の車とB社の車の見積りが欲しいときも

「SONPOで乗ーる」なら一括で見積りが取れるので手間いらずです。

「あの高級車に乗ってみたいけど、あそこのディーラーは敷居が高そうだなー」なんてときも

気軽に見積りが取れるのがいいですよね。

※一部、取り扱いのない車種もあります。

>>シミュレーション SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)

残クレとカーリース 月々の支払い額

気になる月々の支払い額ですが、どちらも大体同じです。

たとえば、SONPOで乗ーるの場合はこんな感じです(5年契約の場合)。

ホンダの残クレは同じ5年契約で、点検パックの「まかせチャオ」と延長保証の「マモル」を含めると

N-BOX(G)が24,300円、ヴェゼル(G)が34,800円(いずれも税込)でした。

ただし、残クレは毎年の税金、車検時の諸費用、任意保険代などが別にかかるので、

実際の支払い額は見積りを取って両者を比較してみるのがいいと思います。

残価設定ローンとカーリースのデメリット

両者とも支払い中は自分の車ではないので、いろいろと制限があります。

走行距離に制限がある

残価設定ローンもカーリースも年間の走行距離が決められています。

たとえばホンダの残クレの場合は年間12,000kmか18,000kmのどちらかです。

(18,000kmの方が残価が安く設定されるため、月々の支払い額が高くなります。)

仮にオーバーした場合は車両返却時に追加でお金を支払う義務があります。

傷や汚れがひどいと追加の負担金が発生する

車両返却時に内装やボディに傷や汚れがあると減点になり、

一定以上の減点で追加の負担金が発生します。

また仮に事故を起こして車が「修復歴有り」になってしまうと車両の価値が下がるため、

これも返却時に価値が下がった分の金額を支払うことになります。

改造はできない

どちらも基本的にカスタマイズはできません。

仮に改造しても返却時には納車時の状態に戻す必要があります。

賃貸のマンションやアパートを借りているのと同じものだと考えて下さい。

残価設定ローンとカーリース まとめ

以上のように両者とも制限はありますが、

月々の支払いを抑えて新車に乗りたい人、乗り続けたい人にはどちらもうってつけの方法だと思います。

最後に残価設定ローンとカーリースのメリット・デメリットをまとめてみると

 メリット
  • 頭金なしで新車に乗れる
  • 月々の支払い額を安く抑えることができる
  • 3~5年ごとに新車に乗り換えられる
  • 乗り続けるといずれは自分の車になる(残価設定ローンの場合)
 デメリット
  • 年間の走行距離が決められている(いっぱい乗る人には不向き)
  • 傷や汚れがひどいと車両返却時に追加の費用が発生する
  • 基本的に改造はできない

どちらも月々の支払い額を安く抑えることができるので、1ランク上の車に乗ることも可能ですね。

新車を検討されている方は、

実際にカーディラーとリース会社の両方から見積りをとって比較してみるのがいいと思います。

 

>>シミュレーション ホンダの残価設定型クレジット

>>シミュレーション SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)

コメント