危険なあおり運転は絶対にやめよう!運転中にイライラした時の対処法

あおり運転 交通

こんにちは、トラックドライバーのikuzo(いくぞう)です。

世間でこれだけ騒がれているのに一向になくなりませんね、

煽り(あおり)運転

 

少しゆっくりめに走っている車の後ろに、トラックがへばりついて走っているのをよく見かけます。

プー太郎
プー太郎

あぶないよね

 

煽られている車はとても怖い思いをしています。

煽ってしまったドライバーも普通の神経の持ち主であれば、

さっきは馬鹿なことをしてしまった…

と後悔するはずです。

 

そんな煽り運転が何故なくならないのでしょうか?

煽る側にも「相手が急に割り込んできたので、ついカッとなった」などの言い分はあるかもしれませんが、だからといって煽る必要は全くありません。

 

今回は煽り運転をしそうになった時の、

自身の気持ちの抑え方についてのお話です。

 

スポンサーリンク

煽られやすい車とドライバー

怒り

当たり前のことながら道路には様々な車が走っていますし、運転しているドライバーの性格もそれぞれ違います。

煽られやすい車

一般に煽られやすいのは、こんな走り方をしている車です。

片側1車線の道路をゆっくり走る車
頻繁にブレーキを踏んだり、周囲の流れに関係なくスピードを上げたり落としたりする車
高速道路で追い越し車線を走り続けたり、一定の速度で走れない車
 「急」な動作をする車(急ブレーキや急な割込み、ウィンカーを出さない車線変更など)

ただし一部例外があり、高級車特に黒塗り)が上記のような走り方をしても煽る人はまずいません。

理由は「こわい人が乗ってそう」とか「もしぶつけたら法外な金額を請求されそう」と思うからです。

頭に来て煽るはずなのに、煽っていい車かどうかを無意識のうちに判断してるんですね。

 

煽られることが多いのは、軽自動車やコンパクトカーなどの比較的小さな車です。

小さい車でも悪そうなステッカーが貼ってあったり、改造されているような車は煽られにくくなります。

結局、人は見た目で判断します。

優位に立てそうな車反撃してこないような車だけを選び、煽り運転をするわけです。

 

 

煽られやすいドライバー

がっかり

そして煽られやすいドライバーは、主に次のどちらかのタイプです。

 運転が苦手な人
 マナーやルールを守らない人

1.運転が苦手な人

自分が急いでいる時に、前の車が遅くてイライラしたことはありませんか?

前の車もわざとゆっくり走っているわけではありません。たとえば、

免許を取ったばかりの初心者の人
休日しか車を運転しない人
身体能力や判断能力が少し落ちてきた高齢者の人
 もともと運転が得意ではない人

このような人が運転しているかもしれませんよね。

 

運転が上手な人にしてみると「なぜこの程度の運転しかできないんだ?」と思うかもしれませんが、世の中には運転が苦手な人が数多くいます。

ゆっくり走っている車がいたら、何かしらの事情があるのだろうと考えましょう。

相手を尊重すると、自分もイライラせずに落ち着いた運転ができるようになります。

 

2.マナーやルールを守らない人

急な割込み一時停止を無視して飛び出してきたりと、事故にも繋がりかねないマナー違反やルール違反をする自分勝手なドライバーもいます。

こんな車が目の前に来ると感情任せに煽りたくなるかもしれませんが、もちろん煽ってはいけません。

この手の車を煽ると相手も怒り、煽り運転の応酬になることがよくあります。

腹が立つのは分かりますが、無用なトラブルを避けるためにも

マナーやルール違反の車に遭遇した時は、ぐっと堪えてやり過ごしましょう

 

煽る側の気持ちひとつで煽り運転はなくなる!

笑顔

もし周りに「イライラする車」が出現したら、一番いいのはその車から離れることです。

コンビニに入ってコーヒーでも買って飲めば、頭も冷静になりますし、その車は自分の周りからいなくなります。

 

離れるのが難しいようなら、よく言われていることですが、その車の運転手を自分の身内だと思いましょう。

高齢者なら自分の父親とか、女性なら自分の愛する奥さん、とかですね。

 

これは私がやっている方法ですが、いま自分が走っているのは「ご主人様の道路」だと思ってください。

そして、他の車の運転手はすべて自分の「ご主人様」です。

周りのドライバーは「ご主人様」で、自分は「ご主人様の敷地」を走らせてもらっていると考えるわけです。

名付けて「ご主人様大作戦」です(笑)

 

ご主人様の道路を走らせていただいているので、自分はマナーの悪い運転はできません。

ゆっくり走っている車や、割り込んでくる車があっても、相手がご主人様なので文句も言えません。

何かあっても、「もう!ご主人様ったら、今日もマイペースなんだから!」で片付きます。

 

世の中には様々な車がいますから、いちいち目くじらを立てずに要は自分の考え方ひとつで済むわけです。

 

まとめ

煽り運転は昔からありますが、これだけ騒がれているのは2017年6月に東名高速で夫婦2人が亡くなった事故がきっかけとなっています。

あのニュースを見て「何もそこまでしなくても」と思った方も多いのではないでしょうか。

しかし、その後も煽り運転はたびたび報道されているように、なくなる気配を見せていません。

 

大なり小なり程度の差はあっても、煽り運転をしている人は、あの東名の事件と同じ罪を犯していることを自覚して下さい。

煽り運転はドライバーの考え方ひとつで、この世から消滅させることができるのです。

交通事故に繋がりかねない「煽り運転」は、絶対にやめましょう。

コメント