【Photoscape X】縦書き文字を挿入する方法

PhotoScape Xで縦書きの文字を挿入する方法 ブログ

こんにちは、ikuzo(いくぞう)です。

今回は、PhotoScape Xで挿入する文字を縦書きにする方法です。

結論から言うと、PhotoScape Xで文字を縦書きにするまっとうなやり方はありません。

「いやいや、そこをなんとかしなさいよ」という貴方のために、今回は私が一肌脱ぎましょう。

え?脱がなくていい?

 PhotoScape Xのインストールと基本的な使い方

【PhotoScape X】の基本的な使い方
スポンサーリンク

PhotoScape Xで文字を縦書きにする方法

冒頭でも申し上げましたが、PhotoScape Xで挿入する文字を「縦書き」にすることはできません。

ではどうするかというと、一文字ずつ改行すれば縦書きになります

今回はこちらの画像を用意しました。倍率ドン!

今回、縦書きの文字を入れる画像(梅の花)

プー太郎
プー太郎

倍率ドン!は言いたいだけで意味はないです。

イメージしたのはこれです。

花札(梅)

用意した画像の短冊に「あかよろし」という縦書きの文字を入れたいと思います。

ちなみにみなさん、この文字を「あのよろし」だと思っていませんか?

実はこれ「あかよろし」と読むんですね。「明らかによい」つまり「すばらしい」という意味です。

プー太郎
プー太郎

それが今回の記事と何か関係があるんでしょうか。

スポンサーリンク

PhotoScape Xで縦書きの文字を入れる

では、実際に縦書きの文字を入れてみましょう。

PhotoScape Xに画像をドラッグして「挿入」→「テキスト」を選択します。

PhotoScape Xの「挿入」→「テキスト」を選択

一文字入力したら改行、一文字入力したら改行、それを繰り返します

一文字入力したら改行、を繰り返す

文字の大きさと、文字の間隔(縦書きの場合は行間隔を使います)を調整したら出来上がりです。

PhotoScape Xの行間隔

「し」の文字だけを大きくするには、一文字だけ単独で入力しましょう。

文字の大きさを変えるために一文字だけ単独で入力

スポンサーリンク

Canvaを使って縦書き文字を入れる

「もっとスマートにやる方法はないの?」という方には、

Canva(キャンバ)という無料デザインツールを使って文字を縦書きにする方法もあります。

プー太郎
プー太郎

Canvaをまだ使ったことのない人は、キャンバって(頑張って)使ってみよう!

……有料版(Canva Pro)でなければできない機能もありますが、縦書きは無料でできるので、

Canvaを使ったことのない方はぜひ使ってみて下さい。

こちらからアクセス ⇒ Canva公式サイト

Cavva(無料版)

Canvaのトップページにある「デザインを作成」→「カスタムサイズ」へ進みます。

「デザインを作成」→「カスタムサイズ」を選択

幅と高さは文字を入れる画像のサイズを入力して「新しいデザインを作成」を押します。

Canvaの「新しいデザインを作成」をクリック

アップロードを押して文字を入れる画像を選択するか、または画像を画面にドラッグ&ドロップします。

画面に画像をドラッグ&ドロップ

画像を枠いっぱいに引き伸ばしたら、「見出しを追加」「小見出しを追加」「本文を追加」のいずれかを選びます。ここでは「小見出しを追加」を選択しました。

文字入れの「小見出し」を選択

プー太郎
プー太郎

Canvaの「見出しを追加」「小見出しを追加」「本文を追加」は文字の大きさ、フォント、太字の違いだけなのでどれでもいいですよ。

縦書きに変えるのはここです。

Canvaの文字入れ(縦書き)

フォントや文字の大きさ、文字の間隔はここで変更します。

フォントの種類、大きさ、間隔を変更

プー太郎
プー太郎

Canvaで使えるフォントは、PhotoScape Xの比でないくらい、フォントぉに(本当に)いっぱいあります。

……これで完成です。「共有」→「ダウンロード」を押すと画像の保存ができます。

Canvaで縦書きの文字を入れた画像

今回は以上です。

コメント