【PhotoScape X】イラストや文字の背景を透過(透明に)させる方法

「PhotoScape X」で背景を透過させる ブログ

こんにちは、ikuzo(いくぞう)です。

別記事を作成中に、無料アプリでイラストや写真の背景を透過(透明に)させる方法を発見しました。

そのアプリとは「PhotoScape X」です。

記事の中に埋もれさせておくのは勿体ないような気がしたので、

今回こちらの記事であらためて「透過させる方法」を紹介したいと思います。

 

※2021年2月21日更新

この記事を書いた後で、もっと簡単に背景の透過処理ができる方法を知りました。

こちらの記事で紹介していますので、よろしければ併せてお読み下さい。

スポンサーリンク

PhotoScape Xをインストール

「PhotoScape」は2種類あって、透過処理ができるのは「PhotoScape X」です。

「PhotoScape X」インストール画面

 

PhotoScape X」が使えるのはMacか、

Windows10の64bit版バージョン1709以降)です。

「PhotoScape X」注意書き
(と、黄色のアンダーラインを引いた部分に書いてあります。)

 

それ以外のWindowsでも使える「PhotoScape」は、残念ながら透過処理ができません。

お使いのWindows10が「32bit」か「64bit」かを確認する方法をかんたんに書いておきますね。

 

スタートメニューの歯車のマーク(設定)をクリックします。

Windows10のbit数の確認1

 

「システム」をクリック。

Windows10のbit数の確認2

 

一番下にある「バージョン情報」をクリック。

Windows10のbit数の確認3

 

これでWindows10の「bit数」と「バージョン」が確認できます。

Windows10のbit数の確認4

 PhotoScape Xの使い方

イラストを透過させる

それでは「イラストAC」でダウンロードした、こちらの効果音(擬音)を透過させてみましょう。

透過させる「文字」の素材

この中の右上にある「ガーン」を使います。

なお、「イラストAC」の画像は無料で使用できますが、著作権のあるイラストなどを無断で使用することは法律で禁じられています。十分にご注意下さい。

使用する部分を切り抜く

「PhotoScape X」を起動して、まずは「ガーン」を切り抜きます。

 

「写真編集」を選択して画像を画面にドラッグ&ドロップ、画面右側にある「切り抜き」を押します。

「写真編集」を選択して「切り抜き」を押す

 

使用する「ガーン」を大まかにドラッグして、右下にある「✓切り抜き」を押します。

使用する部分をドラッグして「切り抜き」を押す

 

こちらをいったん保存しましょう。

イラストをいったん保存する

切り抜いた部分を透過させる

次に「カットアウト」を選択して、いま保存した「ガーン」をドラッグ&ドロップ、

画面右上にある「マジック消しゴム」を使います。

「カットアウト」を選択して「マジック消しゴム」を押す

 

黄色の背景部分に「十字カーソル」を当ててクリックすると

黄色の背景部分に十字カーソルを当ててクリックする

 

「ガーン」の背景が透過しました!

「ガーン」の背景が透過した

 

同じように文字がはみ出た部分も透過させます(消します)。

文字がはみ出た部分を透過させる

 

細かい部分は「ブラシ」を使って「ぬりぬり」してもOK。

透過させたい部分をブラシで擦る

 

こんな感じで不要なものはすべて消しました。とりあえず文字の中の黄色は残してあります。

背景を透過させた「ガーン」完成

これをまた保存して下さい。

背景を透過させたら必ず、PNG(.png)で保存して下さい。
スポンサーリンク

透過させたイラストを写真に重ねてみる

では、透過させた「ガーン」を写真に重ねてみましょう。

使用するのは「Pixabay」でみつけた、こちらのおさるさんの写真です。

おさるさんの写真

ブログで使える無料の画像素材サイト

 

「写真編集」を押して、おさるさんの写真をドラッグ&ドロップします。

おさるさんの写真をドラッグ&ドロップ

 

右上の「挿入」を押してから「ガーン」をドラッグ&ドロップして、位置と大きさを調整します。

「ガーン」の位置と大きさを調整する

 

出来上がりは、こんな感じですね。

透過させた「ガーン」を合成した写真の完成

 

文字の中の色を抜いた「ガーン」を合成しました。

透過させた「ガーン」を合成した写真の完成2

 

先ほどの「写真編集」の画面で「ネガ」を押せば、白い「ガーン」も作れます。

「ネガ」を押して背景が透過した白い「ガーン」を作る

 

透過させた白い「ガーン」を合成した写真

 

さらに「ガーン」の色を変えることも可能です。

「ガーン」の色を変えるボタン

 

「ガーン」が黄色になった画像

最後に

というわけで今回は無料アプリ「PhotoScape X」で画像を透過させる方法を紹介しました。

実は最近まで「X」の存在を知らずに、通常の「PhotoScape」を使っていました。

今回、アイキャッチも「X」で作ってみましたが、「X」の方がテキスト(文字)も断然綺麗です!

「X」が使えるパソコンをお持ちでしたら、迷わず「X」を使った方がいいと思います。

 

ちなみに「PhotoScape X」には有料版もあります。

「PhotoScape X」PROの機能

こんなふうにアイコンに「PRO」の文字が入っている機能は有料版でしか使えません。

私はたぶんそこまで使いこなせないので、無料のもので十分ですが…(^_^;)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント