【ながら運転罰則強化】スマホのハンズフリーや赤信号での操作は違反?

ながら運転 交通

2019年12月1日より改正された道路交通法が施行されました。

今回の改正では「ながら運転」の罰則が大幅に強化されています。

普通車だと運転中にスマホを手に持って通話を行った場合、これまでは「違反点数1点、反則金6,000円」でしたが、2019年12月からは「違反点数3点、反則金18,000円」と一気に引き上げられました。

また、運転中にスマホを2秒以上、注視することも禁じられています。
こちらも違反すると同じ処罰が適用されます。

これまでに何度か、ながら運転が原因で起きた死亡事故を、ニュースやネットで見てきました。
しかし、未だにスマホを手にもって通話したり、操作しながら運転をしているドライバーを見かけることがあります。
今回の法改正は、ながら運転による事故を防ぐためにもやむを得ないことでしょう。

さて、ここで気になるのはイヤホンなどを使ったハンズフリーでの通話です。

運転中に携帯電話やスマホを保持して使用することは法律で禁じられています。
ハンズフリーを使えば運転中に通話しても問題ないという認識が一般的ですが、都道府県によってはハンズフリーを使用していても違法になる、という噂を聞いたことがあります。

また、赤信号での停止中に、通話したりスマホを操作するのはどうでしょうか。

今回は「ハンズフリーを使った運転中の通話」と「赤信号で停止中にスマホを操作したら違反になるのか」について調べてみました。

 

スポンサーリンク

ハンズフリーでの通話

結論から書くとハンズフリーを使えば、運転中の通話は違法にはなりません。

たとえば、神奈川県警察のサイトには以下のような記載があります。

Q3 ハンズフリー装置などを使って通話しても違反になるのですか?

A 携帯電話を手に持たず、ハンズフリー装置を使用して通話することは違反となりません。

Q7 運転中に片耳のイヤホンで音楽やラジオを聞くのも違反ですか?また、両耳のイヤホンやヘッドホンでも、小さい音で聞くのはいいのですか?

A イヤホンやヘッドホンの使用形態や音の大小に関係なく、安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態であれば、違反となります。

神奈川県警察「神奈川県道路交通法施行細則の一部改正について」より引用

つまり、

  • 車載のスピーカーとマイクを使ったハンズフリーでの通話はOK
  • イヤホンも周囲の音が聞こえていれば使ってもいいよ

と解釈できます。

ここで周囲の音というのは

  • 他車のクラクション
  • 緊急車両のサイレン
  • 「前の車、止まりなさい」などの警察官の指示
  • 踏切の警報音

のことです。

また法律で禁止されていなくても、各都道府県の条例で禁止されている場合もありますので、そちらも確認してみました。

たとえば東京都ですが、道路交通規則第8条にこんな記載がありました。

(5) 高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。

東京都道路交通規則第8条より引用

一見「イヤホンを使用しながら運転しないこと」と捉えがちですが、要は
外部の音が聞こえないくらいボリュームを上げたり、イヤホンを使用して周囲の音が聞こえない状態で運転してはいけないよ」という内容です。

なので、片耳にイヤホンを付けていても、もう片方の耳でしっかり外部の音が聞こえていれば問題ありません。

しかし、両方の耳に装着するタイプのイヤホンは、ボリュームを下げて使用していたとしてもNGです。
「周囲の音は聞こえている」と主張しても、両耳を塞いでいることにより、安全運転とは認められないでしょう。

また、片方だけでもイヤホンを装着していれば警察官による取り締まりで「おいでおいで」をされる可能性はあります。
警察官からは、両方の耳が見えないこともありますから。

そんな時は「片耳はイヤホンを装着せずに外部の音はちゃんと聞こえていた」と、はっきり主張しましょう。

赤信号での通話や操作

赤信号でスマホを操作

厳密に言えば運転中(車が動いている状態)はスマホを見たり操作していなくても、スマホを持っているだけでアウトです。
しかし、赤信号で完全にタイヤが停止していれば、ハンズフリーなしの通話やスマホの操作を行っても違反にはなりません。

たとえば、赤信号で停止中に電話がかかってきたとします。
スマホを手に取り「運転中だから、かけ直します」と伝えて電話を切り、スマホを置いてから青信号で発進すれば、これはセーフです。
この間「タイヤが1ミリも動いていないこと」が違反にならないための絶対条件です。

同じく赤信号でスマホを操作することも違反ではありませんが、青信号になっても気がつかず、後ろの車にクラクションを鳴らされる、なんて光景を目にすることもあります。
赤信号での通話や操作は違反ではありませんが、他車とのトラブルに注意する必要があります。

違反ではないが…

話を戻しますが、ハンズフリーを使えば運転中の通話は違反ではありません。
しかし、トラックなどのプロのドライバーでさえ通話中はスピードが落ちたり、運転が乱れたりすることがあります。

ハンズフリーを使っての通話は、「助手席の同乗者と会話をするのと同じ」と考えがちですがそれは違います。

イヤホンやスピーカーを通して聞こえる人の声は、生の声よりも聞きとりにくいため、聞き漏らさないようにと、無意識のうちに思考を奪われがちです

また、運転が疎かになった時に同乗者がいれば運転手に対して注意できますが、1人だと注意してもらうことができません。
運転している本人はまともな運転をしているつもりでも、他人からすれば危ない運転に見えることもあるのです。

ハンズフリーを使っているからと油断せずに、運転中に電話がかかってきたら相手に運転中ということを伝えて、最小限の会話で済ませるべきです。
そのあと、駐車場などの安全な場所に車をとめて、ゆっくり通話するのがベストだと言えるでしょう。

今回の道路交通法の改正をきっかけに、ながら運転による事故が少しでも減ることを願うばかりです。

コメント