【PhotoScape X】文字の角度を変えて画像に合わせる方法

ブログ

こんにちは、ikuzo(いくぞう)です。

このブログでも大活躍のPhotoScape X。みなさんもお使いでしょうか?

私はアイキャッチや記事の中に挿入する画像は、すべてPhotoScape Xで作ってます。

PhotoScape Xのダウンロード画面

無料なのに(一部有料の機能もあり)機能充実、

PhotoScape X無しでは、もはやikuzoblogは成り立ちません(笑)

 

さて今回は、文字と画像の角度を合わせる方法です。

以前作った「背景を透明にしたガーン」を使って、画像に合わせてみたいと思います。

スポンサーリンク

文字を画像に挿入

PhotoScape Xのインストール方法や基本的な使い方は、こちらの記事をご覧下さい。

【PhotoScape X】の基本的な使い方

まずはベースとなる画像をPhotoScape Xにドラッグ&ドロップしましょう。

ベースとなる画像をPhotoScape Xにドラッグ

 

「挿入」を押してこの状態にしてから、重ねる文字(画像)をドラッグ&ドロップします。

重ねる文字をドラッグ&ドロップ

 

挿入した文字のように、画像や文字の背景を透過させる方法はこちらをご覧下さい。

【PhotoScape X】イラストや文字の背景を透過(透明に)させる方法

 

「変形」に チェックを入れて「ガーン」の大きさと位置を適当に調整します。

「変形」にチェックを入れて「ガーン」の大きさと位置を調整

文字の角度を変えて画像に合わせる

「変形」ボタンを押すと「変形」用のウィンドウが開くので、これで文字を変形させます。

「変形」のウィンドウが開いた状態

 

画像を見ながら、文字の角度を合わせましょう。

「変形」ウィンドウで文字の角度を合わせる

 

でき上がりはこんな感じです。

角度を合わせて文字を貼り付けた画像

 

ほかにも色々と貼り付けてみました(^_^)

角度を変えた様々な文字を貼り付けた画像

 

重ねた文字や画像は「不透明度」のスライダーで透明度を調整できます。

「不透明度」のスライダーで透明度を調整した

 

色も変えられます。

色を変えた重ねた文字と画像

カットアウトした画像を重ねる

これだけじゃつまらないので、画像に一工夫くわえてみましょう。

「カットアウト」を押して同じベースの画像をドラッグ&ドロップします。

「カットアウト」を押してベースの画像をドラッグ&ドロップ

 

木の節や板の隙間以外を透明化させます。

「マジック消しゴム」を選択して、消す部分は「許容値」のスライダーで調節します。

画面上に十字キーを合わせてクリックすると、その周囲が透過します。

許容値20のカットアウト

許容値80のカットアウト

 

許容値を大きくすると、似たような色も消えて、消える範囲が広がります。

今回は木の節や汚れを残したいので、許容値30で少しずつ消していきました。

許容値30でカットアウトした画像

 

これを保存して、さきほどの画像に重ねます。

カットアウトした画像をベースの画像に重ねる

 

重ねた画像の位置を調整して、はい、でき上がり。

元の画像とカットアウトの画像を重ねた画像を比較

少し、それっぽくなりましたね。

最後に

少しですが、カットアウトした節や隙間を重ねたら、文字と画像と馴染みましたね。

PhotoScape Xには様々な機能があるので、工夫次第でもっと面白い画像が作れると思います。

ぜひ面白いアイキャッチなどを作ってみて下さい。

 

余談ですが、どうもアイキャッチを「キャッチアイ」と言いたくなります。

きっと「キャッツ・アイ」世代だからでしょうね…。

「キャッツ・アイ」のロゴを貼り付けた画像

コメント