【ブログ】記事ごとの検索された流入キーワードを調べる方法

検索された流入キーワードを調べる方法 ブログ

2020年12月4日に行われたGoogleのコアアップデート。

当ブログは「表示回数」が若干増えて、「CTR」と「掲載順位」が落ちました。

(「クリック数」は微増。)

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

アップデート以前に上位だった記事はそのまま順位をキープしているので、

詳しく検証はしていませんが、これまで圏外だったいくつかの記事が20位~50位あたりに表示されたのだと思います。

なので、表示回数が増えて掲載順位が落ちたのでしょう。

その証拠に今までアクセスのなかった記事も、1~2PV程度のアクセスが来るようになりました。

 

さて、ここで気になったのは

その順位の低い記事に、ユーザーがどんなキーワードで流入してきたか」です。

上位に表示されている記事であれば王道のキーワードで検索された可能性が高いですが、

20位以下の記事であれば一筋縄ではいかないキーワード(どんなキーワードじゃ?)で検索されたかもしれません。

そのキーワードや検索意図がわかれば、記事のリライトに役立てて検索順位を上げる手がかりになるかもしれない、と安易なことを考えました。

ということで今回は、記事ごとの検索されたキーワードの調べ方を紹介します。

スポンサーリンク

記事ごとの検索されたキーワードの調べ方

検索されたキーワードを調べるには「Googleグーグル Searchサーチ Consoleコンソール」(通称:サチコ)を使います。

サチコさんをまだ登録していない方は、こちらの記事を参考に登録して下さい。

(目次の「Googleサーチコンソール」を押して下さい。)

 

実は今回、記事ごとの検索キーワードを調べたのは初めてでした。

それでも特に調べることもなく直感でできたので、やり方はとても簡単です。

サチコさんのトップページから「レポートを開く」を押します。

Google Search Consoleのトップページ「レポートを開く」を押す

 

「ページ」を押して、キーワードを調べたい記事のURLをクリックします。

「ページ」を押して、調べたい記事のURLをクリック

 

そして「クエリ」を押すと

Google Search Console 「クエリ」を押す

 

どんなキーワードで検索して流入して来たか、

またキーワードごとの「表示回数」や「クリック数」も分かります。

Googleサーチコンソールの「検索されたキーワード」「表示回数」「クリック数」

【発展】調べた検索キーワードを有効活用

もちろん、ただ調べるだけじゃ勿体ないです。せっかくなので活用しましょう。

アクセスの少ない記事であれば、

表示回数の多いキーワードに沿った「タイトル」や「記事内容」にリライトしてみるとか。

ひとつだけ「表示回数」の多いキーワード

 

またアクセスの多い記事でも、表示回数の割にクリック数が少ないキーワードや、記事の内容とキーワードが少し離れている場合は、

「そのキーワードで別の記事をもうひとつ書けないか」を考えてみることもできますね。

「表示回数」の割に「クリック数」の少ないキーワード

 

今回初めて調べてみて「自分が予想しないようなキーワードで検索して来ている人が結構いる」ということが分かりました。

サチコさんはブログを運営している本人しか知りえないデータなので、これからは有効活用していこうと思います。

ブログを始めて1年半経ちますが「気がつくのが遅いよ!」って今の自分に言いたいです(´・ω・`)

コメント