スーパーで夜中に幽霊と鬼ごっこした話

スーパーで幽霊と鬼ごっこ 生活

みなさん、幽霊と鬼ごっこしたことはありますか?

って、もちろんないですよね。

でも、私はあるんです。

うさんくせー」と言わずに、2、3分で終わるのでよかったら読んでって下さい。

ちなみに私、霊感とかはまるでありませんので。

スポンサーリンク

現場は東京都T市の某大手スーパー

あれは私が20代前半だったころ、警備会社でアルバイトをしていた時の話です。

会社やお店にセンサーが取り付けられていて、無人になる夜間や休日に侵入者がいるとセンサーが反応して警備員が駆けつけるという

そう、セコムみたいな仕事ですね。

 

ほとんどはスーパーの巨大なネズミ(30cm級)とか、あとは地震でお店の商品が落下するとか、

侵入者以外でセンサーが反応することが殆どなんですが、でもですね…

 

東京都T市の某大手スーパーSには幽霊がいたんですよ。

 

あ、でもそんなに怖い幽霊ではなかったです。最初はビビりましたけど(笑)

本当はもっとやさしく「お化け」って表現したいんですが、今回は「幽霊」の方が適切かな?と思うので幽霊にしておきますね。

その幽霊は鬼ごっこがお好き

そのスーパーSで警報が出ると、いつも異常があるのは食料品売場なんです。

夜中なので懐中電灯をもって一人、薄暗い食料品売場の中へ入っていくわけですよ。すると…

コツコツコツ…

と足音が聞こえるんです。

 

最初は私もまじめに「侵入者がいるのか!?」と思いました。

でもその足音の方へ行ってみると誰もいないわけです。

 

ところが次の瞬間、再び隣の通路から

コツコツコツ…

と足音が聞こえるんです。

売場の棚の上は空間で、隣の通路にぜったい誰かがいる足音なんです。

明らかに人の足音なんですよ。

 

なので今度は走って隣の通路へ向かおうとすると、むこうもなんと!走り始めるんです。

タッタッタッタッ…

いやいや、決して自分の足音が反響しているわけではありませんから。

 

で隣の通路を見ると誰もいなくて、しばらく茫然としているとさらに隣の通路からまた

コツコツコツ…

と足音がするんです。

 

絶対、これは幽霊だ!

そう確信して本部に「い、異常ありません!」とだけ報告して最初の日は現場を去りました。

幽霊、はさみうち作戦

私も最初は「きっとなにか違う音が足音に聞こえたのだろう」と思ってたんですが、

私が体験したあたりから他の同僚もこの不思議な現象を体験をするようになったんですよ。

 

あれは絶対、なにかがいる

みんなでそう話すようになったそんなある日、

また警報が出たので、非番の同僚を連れて2人でスーパーSに行ったんです。

絶対に正体を暴こう!

いつも幽霊に逃げられてるので、作戦としてはこうです。

 

2人で売場へ入る

売場の隣の通路に幽霊が現れたら、逃げられないように両方向からはさみこむ

そして今日こそ幽霊の正体をつきとめる!

幽霊を挟みこんで正体を突きとめる!

 

案の定、売場に行くと隣の通路から足音がします。

コツコツコツ…

 

(俺はこっちから回るから、お前はそっちから回れ)

そう指でで合図してお互いに反対方向へダッシュします。

すると!なんと!

 

幽霊もこれまでにない速さでダッシュを始めたんですよ。

タタタタタタッ!!!

 

速い!でも、逃がすかっ!

 

そして隣に通路に到着すると…

反対側には同僚がいて、そこに幽霊はもういないわけです。

 

そしてしばらくするとまた隣の通路から

コツコツコツ…

と足音が聞こえるんです…。

 

結局その幽霊は見れずじまいでした。

たぶん、暇になると我々を呼び出して鬼ごっこを楽しんでたんでしょうね。

 

スーパーSのそのお店、今はもうありません。

コメント