玄米より美味しいファンケルの発芽米!炊き方は水加減が重要です

ファンケルの発芽米 実食レビュー 生活

こんにちは、ikuzo(いくぞう)です。

私が小学生のころ、圧力鍋という調理器具がある日我が家にやってきました。

こんなやつです↓
玄米を炊く圧力鍋

この日から圧力鍋で炊いた「玄米」というものが、我が家の食卓に連日登場するようになりました。

母親は、家族の健康を考えて玄米にしたようですが、

私にとって玄米はまったく美味しいものではなく、それは過酷な日々の始まりでもありました。

以降、我が家の玄米生活は6~7年にわたり続きます…

 

しかし今は、玄米よりもはるかに美味い「発芽玄米」というものがあり、

圧力鍋を使わずに普通の炊飯器でも炊くことができるんです。

 

今回は、FANCLファンケルの発芽米(=発芽玄米)を普通の炊飯器で炊いてみたので、

その昔、玄米に苦められた私が実食した感想と、水加減はどれくらいにしたらいいかなどをレポートしてみたいと思います。

ファンケルの発芽米を炊いてみました(水加減重要)

今回、炊いてみたファンケルの発芽米は、発芽玄米市場18年連続売り上げ日本一という商品です。

ファンケルは無添加の化粧品など、品質にこだわった商品を販売している会社なので、お米にも安心感がありますね。

ファンケルで販売しているのは発芽米(=発芽玄米)ですが、

玄米と発芽玄米は何が違うの?」という方は、こちらの記事を読んでみて下さい。

炊飯① 水加減+45ml

ファンケルの「発芽米」の袋には、炊飯器での炊き方がのってます。

ファンケルの発芽米の炊き方

目安として「発芽米1合あたり45mlの水を追加」と書いてあったので、その通りに水を多めにしてみました(写真は発芽米2合に対して約90mlの水を追加)。

炊飯器の釜に発芽米と多めの水を入れた写真

つけおき30分、蒸らし15分がおすすめ”と書いてあったのでそちらもその通りに待ちました。
できあがりはこんな感じです。

炊き上がった発芽米

カニ穴」がいっぱい開いてますね。

本来「カニ穴」は、お釜の下の方から水蒸気が勢いよく上がってきた通り道で、ご飯が美味しく炊けたサインなんですが、なんだか水分が少なくてパサパサした感じがします…

炊き上がったファンケルの発芽米

では、実食。いただきます。

発芽米と、細かく刻んだ青森の梅干し

こ、これは…、やっぱりおいしくない…

袋に書いてあった通りの水の量にしたら、

我が家の炊飯器ではパサパサした感じの発芽米になってしまい、

カレーのご飯やチャーハンにするには丁度いいような硬さでした。

※炊飯器によってご飯の硬さは変わると思います。

炊飯② 水加減+90ml

気を取り直して、今度は1合あたり90ml追加で炊いてみました(2合で180ml追加)。

(つけおきも30分→3時間にしました。)

90ml追加と180ml追加を比較した写真

180ml追加で炊いた発芽米がこちらです。なんか「水分含んでるぞー」みたいな感じがしませんか?

水分をさらに多くして炊いた発芽米

拡大するとよく分かります。90mlでこれだけ違うんですね。

水を90ml追加と180ml追加した発芽米の違い

今度は…、うまい!(*´ω`*)

さすが18年連続日本一の発芽米。やっぱりお米の水加減は大事ですね。

水加減は炊飯器によって変わると思いますので、発芽米を購入したらお好みの硬さになるように水の量を調整してみて下さい。

 

美味しい発芽玄米ってGABA(ギャバ)をたくさん含んでいるせいなのか、

なんかホッとする味なんです。

※GABAには気持ちを落ち着かせる抗ストレス作用や、血圧を抑制する効果があります。

 

子供の頃は「不味い」と思ってた玄米が美味しく感じるようになったのは

大人になってストレスが増えて、リラックスできる食べ物を体が無意識のうちに欲しがってるからなんでしょうか。

たとえば、休日の少し遅めの朝食に発芽玄米をよく噛んで食べるなんて、なんだか心が落ち着きそうな感じがしませんか?

▼リラックス効果がある発芽米のお申し込みはこちら!

【発芽米お試しセット1.5kg 780円】

▼発芽米お試しセット 780円(送料無料)▼

炊飯③ 白米2:発芽米1で炊いてみました

「発芽米は美味しいけど、やっぱりちょっとクセがあるから毎日続けるのは無理そう…」

という方には白米と発芽米を混ぜて炊くという方法もあります。

ファンケルも、発芽米を初めて食べる方には「白米2:発芽米1」の割合で炊くことをおすすめしてます。

ファンケルの「発芽米」おすすめの食べ方

発芽米は洗う必要がないので(洗うと栄養素が流れてしまいます)、

先に白米を洗ってから発芽玄米を追加して水加減を調整します。

白米2合と発芽米1合、それに水を白米3合の線よりも45ml多くしました。

白米2合と発芽米1合を混ぜて、水を45ml追加

炊き上がりはこん感じです。

白米2合と発芽米1合で炊き上がったご飯

ご飯だけを食べると発芽米の味はしますが、
納豆をのせたり、ふりかけをかけると白米とほぼ違和感なく食べれます。

お茶碗によそった発芽米

ファンケルの発芽米は食物繊維とGABAが豊富

ファンケルの発芽米のいいところは栄養素が白米よりも多く含まれていることです。

中でも食物繊維は白米の5倍含まれています。

白米と発芽玄米の栄養価の違い(グラフ)

食物繊維には糖の吸収を抑える働きがあり、毎朝スッキリできる効果も期待できますね。

主食に含まれる糖質の吸収度比較

先日私も、食物繊維を多く含んでいる「ごぼう」を大量に摂取する機会があり、

次の日に超スッキリできて、あらためて食物繊維の偉大さを実感した次第です(*_*) 

 

あとはさきほども触れましたが、発芽玄米にはGABAがたくさん含まれてます。

GABAとはアミノ酸の一種で、脳の疲れに良く、イライラや不安を解消する効果があるといわれています。

ファンケルの発芽米は、白米の15倍のGABAが含まれているので

食べるだけで考え方がポジティブになるかもしれませんね。

ファンケルの発芽米のデメリット

発芽米は、玄米よりははるかに食べやすいですが、

それでも若干クセがあるので苦手という方もいらっしゃると思います。

 

もしファンケルの発芽米を試してみて「口に合わない」という場合は、

開封後でも返品できるので安心して試してみて下さい。

私も普通の玄米は好きではなかったですが、

ファンケルの発芽米は水加減さえ間違えなければ「美味しい」と思いました

 

あとは、発芽させる手間がかかっているぶん、お値段が少々高いということでしょうか。

お試しセットは1.5kgで780円ですが、定期コースは4kgで3,333円です。

ファンケルの発芽米(4kg 3333円)ファンケルの発芽米だけの炊飯は、毎日だと不経済かも

ということは1kgあたり833円なので、白米と混ぜて炊くには手間いらずで便利な発芽米ですが、

「発芽玄米を毎日たくさん食べたい」というご家庭には少々負担かもしれません。

 

市販の玄米を購入してご自身で玄米から発芽玄米を作ることも可能ですが、

ネットで調べてみると、それもまた時間と手間のかかる作業のようです。

 

そこで「毎日たくさん発芽玄米が食べたい」という方には、

発芽玄米ごはんがご家庭で手軽に作れるこんな炊飯器があります。

しかもただの発芽玄米ではなく、発芽酵素玄米が作れる炊飯器です。

Premium New圧力名人

発芽酵素玄米とは玄米に小豆と塩を入れて玄米を発芽させ炊飯し、3日以上保温状態で寝かせた玄米ごはんです。

本来は

胚芽の発芽→炊飯→3日間保温

の行程でできる発芽酵素玄米をこの炊飯器はわずか7時間で作ってくれます。

(5時間でできるモードもありますが、メーカーは7時間モードを推奨してます。)

 

しかも発芽酵素玄米は保温の状態で、6日程度はおいしく食べられます。

日持ちする理由玄米と小豆をいっしょに炊くとメイラード反応(加熱することによって玄米の糖質と小豆のタンパク質やアミノ酸からメラノイジンを生み出す反応)が起こり、析出されるメラノイジンには抗菌作用があるため玄米を長持ちさせます。

長く保温しても悪くならないので、一度にたくさんお召し上がりにならないご年配の方でも、

この炊飯器なら何回かに分けて、発芽酵素玄米をいつでも美味しく召し上がれます。

値段は72,600円(税込)と少々お高めですが、これなら市販の玄米から発芽酵素玄米が作れるので

発芽玄米だけを毎日食べるのであれば、こちらの炊飯器を購入する方がお得かもしれません。

▼わずか7時間で発芽酵素玄米が作れる炊飯器

【発芽酵素玄米炊飯器のお申込はこちら】

▼発芽酵素玄米炊飯器▼

最後に

ということで今回はファンケルの発芽米を紹介させていただきました。

私は最近、その日の気分で「白米」か「ファンケルの発芽米」を選んで食べてます。

リラックスしたい時は「発芽米」ですね。

個人的には白米と混ぜなくても、ファンケルの発芽米は十分美味しいと思います。

ぜひ、あなたも食物繊維とGABAいっぱいの発芽米でリラックス効果を味わってみて下さい

▼お申し込みはこちら!

【発芽米お試しセット1.5kg 780円】

▼発芽米お試しセット 780円(送料無料)▼

コメント