【エルゴヒューマン】ハイタイプとロータイプ、PROとBasicの違い

エルゴヒューマン ハイタイプとロータイプの違いは? 生活

こんにちは、ikuzo(いくぞう)です。

私が、Ergohuman PRO(エルゴヒューマンプロ)という椅子を使い始めて2年3ヵ月が経ちました。

使い始めてから3ヵ月目に書いたレビューがこちらです。

エルゴヒューマンプロ Black Editionを3ヶ月使ってみた感想

 

その後も毎日快適に使えてます(^_^)

 

ブログを始めてから平日で3~4時間、休日は多い時で10時間ほどこの椅子に座ってますが、

まったく疲れません。本当にいい買い物をしたなぁと思ってます。

疲れたらブログの作業効率も落ちますからね。

 

ブログは初期投資がほとんどないですが、

生産性を上げるためにも、椅子だけはいい物を買うべきだとつくづく思います。

 

私は他の高級メーカーのチェアと特に比較することなく、Ergohuman PROを買いました。

もちろん、家具屋で座り心地が気に入ったので後日、通販で買ったのですが、

買ったあとでエルゴヒューマンにはハイタイプとロータイプがあることを知りました。

しかもPROだけでなく、Basic(ベーシック)という製品もあるんですね。

今回はこのハイタイプとロータイプの違いと、PROとBasicは何が違うのかを解説します。

エルゴヒューマン ハイとローの違い

エルゴヒューマンのハイタイプとロータイプは何が違うのかな?と悩む女性

ハイタイプとロータイプと聞いて私は、座面の高さか背もたれの高さが違うのかな?と思っていましたが、

ハイタイプとロータイプの違いはヘッドレストがあるかないか、それだけの違いです。

エルゴヒューマンのハイタイプとロータイプの違いは、ヘッドレストがあるかないかの違い

※以前はPROにもロータイプがありましたが、エルゴヒューマンプロのロータイプは2021年に販売終了か一時的に中止になった模様です。

 

Basicでハイタイプとロータイプの価格を比較してみると、

楽天とヤフーの相場はハイタイプが104,500円、ロータイプが96,800円(いずれも税込)と

ヘッドレストの有無で約7,700円の価格差があります。

▼ハイタイプ(Basic)をお探しの方はこちら

▼ロータイプ(Basic)をお探しの方はこちら

▼ハイタイプ(PRO)をお探しの方はこちら

なお、お店によって完成品と組立品がありますので、注文する際には注意して下さい。

 

ロータイプを選ぶとあとからヘッドレストを取り付けることはできません。

ハイタイプも基本的にヘッドレストは外せない仕様になってます。

でもハイタイプを購入して、どうしてもヘッドレストを外したくなったらフレームを切断するか、

もしくは裏にネジが2本あるので、それを外せば取れるかもしれません。

ヘッドレストフレームの裏のネジ

壊したらイヤなので、私のエルゴヒューマンで外す実験はしませんけどね。

エルゴヒューマン PROとBasicの違い

エルゴヒューマンのプロとベーシックの違いは以下の3点です。

 PROとBasicの違い
  • 座面チルト機能
  • ヘッドレストの調整域
  • アルミポリッシュフレームボディ

座面チルト機能

デスクワークをすると前傾姿勢になりがちで、腰とチェアの間に隙間ができるのを防ぐために、

PROは座面下にあるノブを回すと座面の後ろ側が最大2センチ上昇し、角度調節が可能です。

Basicにこの機能はありません。

エルゴヒューマンプロ 座面の角度調節で2cm上昇した画像

ヘッドレストの調整域

PRO(オットマンモデルを含む)はBasicに比べてヘッドレストの可動域が4cm長くなってます。

身長が188cmある私でもPROならヘッドレストの下に肩がスッポリ入ります。

身長や座高の高い方にはPROがおすすめです。

エルゴヒューマン PROとBasicの寸法表

アルミポリッシュフレームボディ

PRO(オットマンモデルを含む)はアルミポリッシュフレームボディを採用していて、Basicとは形状も違います。

PROとBasic ボディの形状と素材の違い

脚もBasicが直線で樹脂パーツを下側に使用しているのに対して、PROはオール金属でスタイリッシュなデザインになってます。

エルゴヒューマン PROとBasicの脚の形状の違い

以上の3つの違いがあり、PROとBasicのハイタイプ同士で比較すると

PROはBasicよりも約11,000円高くなります(楽天、ヤフーの場合)。

▼ハイタイプ(PRO)をお探しの方はこちら

▼オットマン内蔵型(PRO)をお探しの方はこちら

▼私が使用しているブラックエディション(PRO)

▼オットマン内蔵のブラックエディション(PRO)

PROとBasicの価格表(楽天とヤフーの相場価格)

タイプ 相場価格(税込)
PRO(オットマン内蔵) 132,000円
PRO(ハイタイプ) 115,500円
Basic(ハイタイプ) 104,500円
Basic(ロータイプ) 96,800円

エルゴヒューマン その他のモデル

エルゴヒューマンにはその他にも「ENJOY」と「Smart」というモデルがあります。

エルゴヒューマンの「ENJOY」と「Smart」

▼エルゴヒューマン エンジョイ(ハイタイプ)

▼エルゴヒューマン エンジョイ(ロータイプ)

▼エルゴヒューマン スマート

エンジョイはPROやBasicに比べると背面がスッキリしているタイプで、スマートはコスパ重視のエントリーモデルです。

エンジョイのハイタイプとロータイプの価格差も約7,700円です。

スマートにハイタイプの設定はありません。

 

私の使っているエルゴヒューマンは素材がメッシュなので(座面はモールドクッションのタイプも有り)

購入したばかりのころは型崩れを心配していましたが、2年以上使った今でも崩れることなく新品同様の状態をキープしてます。

1年3ヶ月使用したエルゴヒューマンブラックエディション

本当に使い心地がよいので、いずれこの椅子の寿命がきたとしても、次もエルゴヒューマンを買いたいと思ってます(^_^)

コメント