【あおられやすい車】軽自動車やコンパクトカーが持つ4つのイメージとは?

あおられやすい車 4つのイメージ 交通

こんにちは、トラックドライバーのikuzo(いくぞう)です。

世の中には理不尽なことが多く、車社会においても乗ってる車によって周りの対応が変わってきます。

黒塗りの高級車を煽る人はまずいませんが、軽自動車やコンパクトカーは比較的あおられることの多い車です。

運転しているのは同じ人間のはずなのに、何故こうも違いが出てくるのでしょうか。

それは、軽自動車やコンパクトカーにつきまとうイメージによるものだと、私は考えています。

今回は小さい車が持つ4つのイメージについて、お話しさせていただきます。

スポンサーリンク

安い車というイメージ

軽自動車

現在の軽自動車やコンパクトカーの新車価格は100~200万円台が中心です。

安全装備や快適装備が増えた分、一昔前に比べると値段は高くなりましたが、

「維持費が安い」「小さいので運転が楽」といった不変的メリットがあったり、車の快適性が増してきたことから、近頃は大きいサイズの車から乗り換える人もかなり増えてきました。

しかし、昔は値段の安い車が多かったので「小さい車はお金のない人が乗る車」というイメージが、未だ一部の人には定着しているように思えます。

そのような人は、「大きい車に乗っている自分は偉い」と思い、小さい車を見下して優越感を感じています。

なので、小さい車が自分の気に入らない運転をすると、「生意気だ」「思い知らせてやろう」と煽り運転を始めるわけです。

遅い車というイメージ

走ってる軽自動車

軽自動車やコンパクトカーは、「遅い車」というイメージもつきまといます。

「遅い車が右車線や追越車線を走るなよ」と思う人も人間社会には存在します。

小さい車が右側の車線を走っているだけで、煽られることもあります。

「遅い車=弱い車」というイメージを持ち、「大きい車に乗ってる自分が強い」と勘違いするドライバーがいるのですね。

小さい車に乗っている人が、怖そうな人や体育会系の人だと分かると、煽るのをやめて一気に大人しくなります。

イメージって怖いですね。

煽っても反撃してこないイメージ

コンパクトカー

軽自動車は普段の足として、女性や高齢の方なども多く使用しています。

そのような人たちは、煽っても反撃してきません。

煽ってるドライバーは、それを知ってて弱い者いじめをしているだけの大バカ者です。

しかし、今では弱者のための強い味方「ドライブレコーダー」があります。

トラックなどの営業車には、かなりの割合で装着されていますが、一般車への普及はまだまだ少ないようです。

あおり運転の抑止効果があるだけでなく、何かトラブルがあっても絶対的な証拠となりますので、防衛のためにも積極的にドライブレコーダーを付けるようにしましょう。

なるべく多種多様なトラブルに対応できるような、車両の前後が録画できたり、駐車中も録画できる機能がついた高性能なドライブレコーダーをおすすめします。

下手な人が運転しているイメージ

コンパクトカー

軽自動車からコンパクトカー、はたまたよく売れている「プリウス」などといった大衆車は、運転している人も様々です。

運転の上手い方が乗っていることもありますし、その逆もまたしかりです。

プリウスは高齢者の方がよく買われる車で、たまたま社会的ニュースになるような事故が多発したため「プリウスミサイル」という言葉が生まれたことはご存知でしょうか?

そのため一時、プリウスに対して「危ない車」というイメージを持つ方が多くなりました。

プリウスはよく売れていて、絶対数の多い車です。

プリウスだけでなく、軽自動車やコンパクトカーは絶対数が多いため、失礼ながら「運転が下手な人」「運転のおぼつかない人」が乗っている車を見かける割合もそれだけ多くなります。

仮によく見かけるAという大衆車があり、ぎこちない運転しているAという車を1日にたまたま何度か見かけたら「Aに乗ってる人は下手な人が多いな」というイメージが生まれませんか?

よく見かける軽自動車やコンパクトカーは、そんなイメージが出来やすい車なんです。

>>免許取り立てのお子様や、高齢者がいるご家族への安心安全見守りサービス

まとめ

かっこいい軽自動車

軽自動車やコンパクトカーは性能も乗る人も時代と共に変化してきましたが、

お金のない人が乗る車」「遅い車」「弱者の乗る車

といった昔からある根強いイメージが、煽られやすい車の原因になっていると私は考えます。

しかし、すでにその考え方は時代錯誤といえます。

車によって優劣の判断をするのはもってのほかですし、何よりもあおり運転は人の道から外れています。

格下などの変なイメージを持って他の車を煽る前に、あおり運転をするドライバーは人間として最低であることを肝に銘じていただきたいと思います。

コメント