BASE PASTA(ベースパスタ)は蕎麦として食べても結構いけるぞ

BASE PASTA(ベースパスタ)は蕎麦として食べれば案外いけるぞ 生活

こんにちは、ikuzo(いくぞう)です。

1食で1日に必要な栄養素の1/3がすべて摂れるBASE PASTA(ベースパスタ)

BASE PASTAのフェットチーネとアジアン

パスタの中に、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維など必要な栄養が全部入ってます。

先日、はじめてBASE PASTAを食べたんですが、

私の感想としては、巷の評判ほど不味いとは思いませんでした(初期の頃に比べてかなり改良したようです)。

スープパスタにしたBASE PASTA▲スープパスタにしていただきました

しかし見た目も食感も、BASE PASTAはパスタというよりはお蕎麦です。

だったら、ちゃんと蕎麦として食べてみようじゃないの!

ということで今回は「BASE PASTAもりそば作戦」を決行しました。

BASE FOOD公式サイト ⇒ https://basefood.co.jp/

BASE PASTA(ベースパスタ)は2種類あります

BASE PASTAのフェットチーネとアジアン

もりそば作戦の前にBASE PASTA(ベースパスタ)について軽く説明しておきますね。

BASE PASTAとはベースフード株式会社が手がける完全栄養食のパスタです。

ベースフード社の商品には、同じく完全栄養食のBASE BREAD(ベースブレッド)というパンもあります。

 

完全栄養食とは、1食で1日に必要な栄養素の1/3がすべて摂れる食品のことをいいます。

BASE PASTAは「フェットチーネ」と「アジアン」の2種類があり、違いは何かというとまず麺の太さが違います。

BASE PASTAのアジアンとフェットチーネ▲左がフェットチーネ、右がアジアンです

フェットチーネもアジアンも内容量はどちらも130gですが、栄養成分量にもやや違いがあります。

BASE PASTAの栄養成分表示▲上がフェットチーネ、下がアジアンです

太さこそ違うものの、味の違いはよく分かりませんでしたが、麺についている粉の量か、原材料の配合量が違うのでしょう(原材料は同一)。

 

ちなみに以前はアジアンだけに「酵素(乳を含む)」が使われていましたが、現在は表示が消えてます。

以前のBASE PASTA(アジアン)の原材料▲以前のアジアンの袋(出典:BASE FOOD

現在のBASE PASTA(アジアン)の原材料▲現在のアジアンの袋

現在のBASE PASTAのアレルギー物質は、フェットチーネ、アジアンともに「小麦・卵・大豆」の3つです。

\公式サイトは20%OFF/

ボタンを押すと公式サイトへ移動します

BASE PASTA(ベースパスタ)のアジアンを「もりそば」に

BASE PASTA(ベースパスタ)のフェットチーネはさすがに麺が太すぎるので、

アジアンを「もりそば」にすることにしました。

BASE PASTAは写真のように、脱酸素剤が麺の中に紛れていることがありますので、麺を茹でる際は十分注意して下さい。

BASE PASTA(アジアン)の麺

アジアンの茹で時間はわずか1分です。

じゃーん、こちらがBASE PASTAのアジアンで作った「もりそば」です。

BASE PASTAのアジアンで作った「もりそば」

どうです?蕎麦とは色が違いますが、見た目はまったく違和感ありませんね。

いっそ、ネーミングを「BASE SOBA」にしたいくらいです。

そしてできれば、きざみ海苔が欲しいところでした。

では食べてみましょう。

蕎麦つゆにつけたBASE PASTA

これは!…パスタとして食べるよりも美味い!

食べてみたところ、やはりこの食べ方はアリだと思いました。

そば粉は使っていませんが、食感はほとんど蕎麦です。

BASE PASTAを「もりそば」にするなら麺を水にさらすぶん、

茹で時間をやや長めにした方がいい感じがしました(1分20秒くらいがベストかも)。

ついでにフェットチーネも「もりそば」に

アジアンがこれだけ美味いのなら、フェットチーネも、もしかしていける?

ということで、やっちゃいました。

フェットチーネは麺が太いので茹で時間は2分です。

BASE PASTAのフェットチーネを茹でてます

蕎麦の中にもこれくらい太い蕎麦もありますよね。できました。

BASE PASTA(フェットチーネ)の「もりそば」

結果、こちらも全然いけました。

【結論】BASE PASTAは「そば」として十分通用します。

 

もちろん、そば粉は使ってないので「そばもどき」ではありますが、

これなら蕎麦アレルギーのある人も「そば」の雰囲気を楽しめるのでいいのではないでしょうか。

(BASE PASTAのアレルギー物質は、小麦・卵・大豆です。)

\そばとしてもOK!/

ボタンを押すと公式サイトへ移動します

BASE PASTA(ベースパスタ)はご年配の方にもおすすめ

BASE PASTA(ベースパスタ)はアジアンもフェットチーネのどちらもお値段は312円(初回20%OFFの価格)とややお高めです。

シマダヤのお蕎麦なら、スーパーで100円くらいです。

シマダヤの「藪そば」

出典:シマダヤ「藪そば」

でもBASE PASTAは、これさえ食べてれば栄養がパッチリ摂れるので、あまり量が食べられないご年配の方にもおすすめです。

お蕎麦の代用品としてお召し上がりになるといいのではないでしょうか。

BASE BREADの栄養素出典:BASE FOOD

BASE PASTAは栄養全部入りなのにカロリーは、アジアンが394kcal、フェットチーネが383kcalと

ダイエットにも最適です。

 同じ完全栄養食のベースブレッドでダイエットしてみました

ベースブレッドを124袋食べてダイエットしたら1ヵ月で○kg痩せた話。

 

BASE PASTAのお申し込みはこちらから。はじめての方は20%OFFです。

\初回20%OFF!!/

ボタンを押すと公式サイトへ移動します

パスタのみの注文はメニューの「商品一覧」をクリックして下さい。

BASE FOODの「商品一覧」の位置

パンとパスタ、両方試してみよう、という人は「スタートセット」をクリックして下さい。

BASE FOODの「スタートセット」の位置

是非一度「そば」として食べていただきたいBASE PASTAでした。

コメント