【BASE BREAD カレーの感想】コンビニのカレーパンとも比較

BASE BREAD カレーの実食レビュー 生活

みなさん、カレーパンはお好きですか?

カレーパンは惣菜パンの中でも人気の商品ですよね。

最近、Amazonで「惣菜パン」の売れ筋ランキングを見たところ

2位と5位にランクインしていたのが、今回紹介する

BASE BREAD(ベースブレッド)のカレーパンです。

BASE BREADのカレーパン

ちなみにランキングの1位にも、BASE BREADの5種セット(カレー・プレーン・チョコ・メープル・シナモン)が入っていました。

※ランキングの順位はいずれも2021年5月上旬のものです。

プー太郎
プー太郎

BASE BREADは、すごい人気だよね!

今回はこの「BASE BREAD カレーパン」の人気の秘密に迫りつつ、コンビニのカレーパンとも比較してみました。

BASE BREAD カレーパンを購入しようかどうしようか検討している方は、是非この記事を読んで参考にしていただけると幸いです。

BASE FOOD公式サイト ⇒ https://basefood.co.jp/

BASE BREAD(ベースブレッド)の人気の秘密

BASE BREAD 3種類のパン

BASE BREAD(ベースブレッド)が、なぜこれほど人気なのかというと、

それは第一に完全栄養食のパンだからです。

完全栄養食とは、人間に必要な栄養がすべて含まれていて、それだけ食べていれば事足りるといったところ。

BASE BREADは1食分(2袋)食べることにより、1日に必要な栄養素の1/3がすべて摂れるんです。

 

そして味も美味しい

めちゃくちゃ美味しい、とまではいきませんが、完全栄養だったり、賞味期限の長さなどの制約がある中で、よくこれだけのパンを作ったなぁとつくづく思います。

パンの種類もプレーンの他に、チョコレート、メープル、シナモンといった甘い系に、

今回紹介する「カレー」が2021年の2月に追加されて、現在は5種類の味が楽しめるようになりました。

▼カレー以外のレビューはこちらをご覧下さい

【BASE BREAD お試しレビュー】メリット&デメリットも

\公式サイトは初回20%OFF/

ボタンを押すと公式サイトへ移動します

BASE BREAD(ベースブレッド)のカレーパン

それではBASE BREAD(ベースブレッド)のカレーがどんなパンなのか見てみましょう。

パッケージと栄養成分

BASE BREADはグッドデザイン賞を受賞してます。見た目がおしゃれですよね。

BASE BREADカレーパンのパッケージ(表面)

目立つパッケージなので、学校や会社に持っていくと「なに、それ?」と言われて会話のネタになること必至です。

裏面には完全栄養食のパンらしく、栄養成分がずらーっと表示されてます。

BASE BREADカレーパンのパッケージ(裏面)

BASE BREAD カレーの栄養素(対基準値)出典:BASE FOOD

栄養素は、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量は控えめ

残りの栄養素はBASE BREADを2袋食べると、すべて1食分の必要量以上が摂れるという優れものです。

ただし塩分は、1袋あたり食塩相当量が1.21gと、ほかのBASE BREADの0.7gに比べるとやや多めです。

プー太郎
プー太郎

「しょっぱい系」だから多少塩分が多いのは、しょうがないね。

BASE BREADの賞味期限は約1ヶ月

BASE BREADの賞味期限は公式サイトで購入すると約1ヶ月です。

これまでに我が家に届いたBASE BREADは、

賞味期限が短い物でも34日、長い物は40日以上ありました。

Amazonや楽天などで購入すると賞味期限はもう少し短くなることがあるようです。

BASE BREADの賞味期限はどれくらいですか?

BASE BREAD®の賞味期限は、ご注文日から約1ヶ月前後です。合成保存料をつかわず、水分や酸素のコントロールをおこなうことで、常温でも長期保存が可能となっています。

※amazonや楽天市場などのモールでは賞味期限は1、2週間程度と、公式オンラインショップ経由での購入より短い場合がございます。

BASE BREAD「商品について」より

プー太郎
プー太郎

公式サイトが一番、賞味期限が長いよ。

BASE BREAD カレーパンの大きさと重さ

BASE BREADのカレーパンは一見小ぶりですが、手にしてみると意外にずっしりしています。

BASE BREADのプレーンと比較すると、直径はプレーンが約9cm、カレーが約7cmとやや小さめですが

BASE BREADのプレーンとカレーの大きさを比較

重さはプレーンが71g、カレーが81gと、カレーの方が10gほど重さがあります。

BASE BREADのプレーンとカレーの重量を比較

高さもプレーンが約5センチ、カレーは約4.5cmなので、見た目以上にカレーはボリュームがあるんですね。

実食したBASE BREAD カレーパンの感想

BASE BREADのカレーを2つに割った断面

では、気になる味はどうでしょうか?

Amazonのレビューでは、★★★★(星4つ)となかなかの高評価で、味についても概ね好評です。

※星の数は2021年5月上旬時点のものです。

 

BASE BREADのカレーパンは焼いてあるカレーパンで、揚げたカレーパンではありません。

私個人の感想としては、そのまま食べたら生地はボソボソしていて、BASE BREADの中でも特に水分の少なさを感じました。

中のカレーも餡子のような硬さで、たとえるなら「パサついたカレー味のお饅頭」といったところでしょうか。

正直に言って「そのまま食べても美味しくないな」と思いました。

プー太郎
プー太郎

BASE BREADのカレーパンは、加熱前提のパンみたいだよ。

パッケージの裏面にも「約40秒加熱してください」って書いてあるからね。

“約40秒加熱してください”と明記してあるBASE BREADカレーの袋

レンジで温めたら、ボソボソ感が消えて「しっとり感」は出たものの

私の評価としては、そのまま食べて★★、あたためて★★★くらいです(満点は星5つ)。

たぶんこれは心のどこかで、コンビニなどで売っている「揚げカレーパン」と比較しているからだと思います。

 

私は「揚げカレーパン」の方が好きなのでこの評価ですが、

油で揚げてないカレーパンなので、レンジで加熱しても油っぽくならない点はいいなと思いました。

休日の昼間に、温めたBASE BREADのカレーパンを冷たいビールで流し込むのは★★★★です(笑)

でもできることなら、外出先でも手軽に美味しく食べられるように、

加熱しなくても美味しいカレーパンであればさらによし

というのが私の正直な感想です。

BASE BREADを一番安く買う方法は?

BASE BREADは公式サイトのほか、Amazonや楽天、ヤフーでも購入可能です。

その中で一番お得に購入できるのは、BASE BREADの公式サイトです。

なぜかというと、公式サイトだけにある「継続コース」で注文すると

初回が20%OFF、2回目以降も10%OFFになるからです。

継続コースといっても、仮に1回目の商品が届いたあとすぐに解約してもペナルティは一切ないので安心です。

 

たとえば「カレーパン16袋セット」の販売価格を比較してみると、こんな感じです。

※公式サイトに「カレーパン16袋セット」はないので、商品一覧から16袋を購入した価格です。

BASE FOODロゴ公式サイト AmazonロゴAmazon 楽天市場ロゴ楽天市場 ヤフーショッピングのロゴYahoo!
セット内容 カレーパン16袋 カレーパン16袋 カレーパン16袋 カレーパン16袋
価格 2,880円
初回20%OFF
4,380円 4,380円
(100円クーポン有)
6,164円
1袋あたり 180円 274円 274円 386円
送料 送料込 送料込 送料込 送料込

価格は2021年5月9日調べ

プー太郎
プー太郎

公式サイトは1袋180円だ。

Amazonや楽天と比べると、公式サイトの初回価格は1,500円も安くなるんですね。

2回目以降も3,240円(10%OFF)で買えるので、BASE BREADは公式サイトで買うのがおすすめです。

\公式サイトは初回20%OFF/

ボタンを押すと公式サイトへ移動します

公式サイトでカレーパンを購入する方法

BASE FOODの公式サイトでカレーパンを購入するには、メニューの「PRODUCTS 商品一覧」をクリックします。

BASE BREAD トップページの「商品一覧」をクリック

お好きなパンを8食(16袋)以上選択して、必ず「継続コース」で注文しましょう。

※合計8食から注文可能です。また「1回のみのお届け」を選択すると20%OFFは適用されません

「継続コース」を選択して注文

「継続コース」を選択しても、次回お届け予定日の5日前までに解約すれば2回目の商品は届きません

BASE BREAD「継続コース」の解約方法こちら

プー太郎
プー太郎

解約しなくても、お届けを1回とばす「スキップ」という方法もあるよ。

継続する場合でも、毎回商品の種類や数量は変更が可能です。その場合もお届け予定日の5日前までに手続きして下さい。

\公式サイトは初回20%OFF/

ボタンを押すと公式サイトへ移動します

BASE BREADとコンビニ3社のカレーパンを比較

コンビニ3社とBASE BREADのカレーパン

カレーパンというだけで、どうしても揚げてあるカレーパンと比較してしまうので、

いっそのことコンビニ3社のカレーパンと正式?に比較してみることにしました。

※ここに出てくるコンビニのカレーパンは、2021年5月に発売されていた商品です。

値段を比較

BASE BREADのカレーパン
BASE BREAD
セブンイレブンのカレーパン
セブンイレブン
ファミマのカレーパン
ファミマ
ローソンのカレーパン
ローソン
実際に
量った重さ
81g 99g 125g 125g
価格(税込) 180円 129円 130円 130円

BASE BREAD カレーパンの180円は「継続コース」の初回の金額です。

(継続コースの2回目以降は10%OFFの202.5円、定価は225円です。)

コンビニのカレーパンは129~130円とほぼ同じで、

BASEBREADが50円~95円ほど高いのは、完全栄養代と考えるべきでしょう。

栄養成分を比較

BASE BREADのカレーパン
BASE BREAD
セブンイレブンのカレーパン
セブンイレブン
ファミマのカレーパン
ファミマ
ローソンのカレーパン
ローソン
実際に
量った重さ
81g 99g 125g 125g
熱量 253kcal 286kcal 388kcal 391kcal
たんぱく質  13.5g  4.9g  7.0g  8.4g
炭水化物
(糖質)
24.7g 31.1g 33.6g 34.2g
炭水化物
(食物繊維)
3.6g 1.7g 1.6g 2.5g
脂質 10.2g 15.4g 24.8g 24.0g
 食塩相当量  1.21g  1.8g  1.8g  1.7g

BASE BREADのカレーパンは、たんぱく質と食物繊維の多さ、脂質の少なさではコンビニのカレーパンを圧倒してます。

ほかにも体に必要な26種類のビタミンとミネラルが含まれているので、栄養については文句なしです。

糖質については重さを考えると横並びですが、BASE BREADは全粒粉のパンなので糖の吸収がとても穏やかです。

▼GI値が低いほど、糖の吸収が穏やかです。

食品 GI値
食パン 95
フランスパン 95
精白米 88
うどん 85
パスタ 65
玄米 55
パスタ(全粒粉) 50
全粒粉パン 50

アルファ30「主な食品のGI値」より抜粋

糖の吸収が遅いと「腹持ちがよい」「太りにくい」「眠くなりにくい」といったメリットがあります。

私はトラックドライバーですが、ランチにBASE BREADを食べると、たしかに食後は運転していても眠くなりにくいです(ikuzoの体験談)。

味を比較

BASE BREADのカレーパン
BASE BREAD
セブンイレブンのカレーパン
セブンイレブン
ファミマのカレーパン
ファミマ
ローソンのカレーパン
ローソン

味については、コンビニのカレーパンの方が圧倒的に美味しいです(個人の感想)。

BASE BREADは合成保存料を使わずに水分や酸素量を少なくすることで長期保存を実現しています。

そのため、水分の多いコンビニのカレーパンに比べるとどうしても不利です。

 

コンビニのカレーパンで一番美味しいと思ったのはセブンイレブンのカレーパンです。

外はカリッと、パンはもっちり、中のカレーは一番とろーりしていて、そのバランスが絶妙でした。

せめてこのカレーがBASE BREADの中に入っていれば…、とさえ思いました。

辛さはBASE BREADを含めて似たりよったりですが、わずかにマイルドに感じたのはファミマのカレーパンでした。

中身のカレーの重さを比較

BASE BREADのカレーパン
BASE BREAD
セブンイレブンのカレーパン
セブンイレブン
ファミマのカレーパン
ファミマ
ローソンのカレーパン
ローソン
全体の重さ 81g 99g 125g 125g
カレーの重さ 15g 22g 39g 42g

なるべくスプーンでかき出しましたが、若干の誤差はお許し下さい。

カレーパンの中身のカレーの重さを4社で比較

BASE BREADを除いて、食べているときの差はそれほど感じませんでしたが

実際に量ってみるとセブンのカレーパンは全体量が少ない分、中のカレーも少なめでした。

BASE BREAD カレーパン(改)

1つのお皿にのせた4社のカレー

カレーパンの中身のカレー

せっかくなので混ぜてみました。

4社のカレーを混ぜたカレー

そしてこのコラボカレーをBASE BREADにつめてみました。

混ぜたカレーをBASE BREADにつめた

プー太郎
プー太郎

おお、うまそー!

これぞ、味と栄養バランスを兼ね備えた究極のカレーパン

こんな感じで温めなくていいレトルトカレーを、食べる直前にBASE BREADに入れるというのはいかがでしょうか、BASE FOODさん。

最後に

ということで今回はBASE BREAD(ベースブレッド)のカレーパンを紹介してきました。

最後にまとめですが「栄養なんて気にしない!とりあえず美味しい揚げカレーパンが食べたい!」という方には味重視のコンビニカレーパンがおすすめです。

 

そして、以下のような方にはBASE BREADのカレーパンをおすすめします。

 栄養バランスの良いカレーパンが食べたい
 揚げてあるカレーパンよりも、焼いてあるカレーパンが好き
 カロリーが少なめで腹持ちの良い食事がしたい
 塩分控えめの食事を心がけている

あとひとつ書き忘れていましたが、BASE BREADにはもうひとつ大きなメリットがあります。

それは食物繊維が多いので、お腹が超スッキリできるということです。

 

私はもともと便秘ではありませんでしたが、BASE BREADを食べてからさらにスッキリできるようになりました。

たとえるなら、腸の中がまったくの空になって、体の力が抜け落ちるような感覚です(あくまで個人の感想です)。

プー太郎
プー太郎

笑笑

もしかするとBASE BREADを食べるまで食物繊維が不足気味だったのかもしれませんし、体質によっても変わると思いますが、

できることなら是非みなさまにもこの感覚を味わっていただきたいです!

本日は最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

\完全栄養+お腹スッキリのBASE BREAD/

ボタンを押すと公式サイトへ移動します

コメント