ベースブレッドのカレーってどうなの?コンビニのカレーパンとも比較

BASE BREAD カレーの実食レビュー 生活

みなさん、カレーパンはお好きでしょうか?

カレーパンは惣菜パンの中でも人気の商品ですよね。

最近、Amazonの「惣菜パン 売れ筋ランキング」を見たところ

4位にランクインしていたのが、今回紹介する

BASE BREAD(ベースブレッド)のカレーパンです。

BASE BREADのカレーパン

ちなみにランキングの1位

BASE BREAD 5種セット(カレー・プレーン・チョコ・メープル・シナモン)でした。

※ランキングはいずれも2022年2月のもの

プー太郎
プー太郎

ベースブレッドは、すごい人気だよね!

今回はこの「BASE BREAD カレーパン」の人気の秘密に迫りつつ、

コンビニのカレーパンと比較もしてみました。

ベースブレッドのカレーパンを購入しようかどうしようか検討している方は、

是非この記事を参考にしていただけると幸いです。

BASE FOOD公式サイト ⇒ https://basefood.co.jp/

BASE BREAD(ベースブレッド)の人気の秘密

BASE BREAD 3種類のパン

BASE BREAD(ベースブレッド)が、なぜこれほど人気なのかというと、

それは第一に完全栄養食のパンだからです。

完全栄養食とは、人間に必要な栄養がすべて含まれていて、それだけ食べていれば事足りるといったところ。

ベースブレッドは1食分(2袋)を食べることにより、1日に必要な栄養素の1/3がすべて摂れます

※ベースブレッド1食分(2袋)は栄養素等表示基準値に基づき、過剰摂取が懸念される脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含みます。

ベースブレッドの栄養素▲出典:BASE FOOD

そしてベースブレッドは味も美味しい

「めちゃくちゃ美味しい」とまではいきませんが、完全栄養食だったり賞味期限が長いのに、よくこれだけのパンを作ったなぁとつくづく思います。

 

ベースブレッドの味はプレーンを筆頭に、チョコレート、メープル、シナモンといった甘い系、

そして今回紹介するベースブレッド初の総菜系「カレー」が2021年2月に発売されて、

現在は5種類の味が楽しめるようになりました。

2022年5月には、新たに「ミニ食パン」が追加され、合計6種類になりました。

 

ミニ食パンを含めたレビューはこちらの記事をご覧下さい▼

【ベースブレッド お試しレビュー】口コミや評価もまとめました

\公式サイトは初回20%OFF/

BASE BREAD(ベースブレッド)のカレーパン

それではBASE BREAD(ベースブレッド)のカレーがどんなパンなのかを見てみましょう。

パッケージと栄養成分

ベースブレッドはグッドデザイン賞を受賞しています。見た目がおしゃれですよね。

BASE BREADカレーパンのパッケージ(表面)

目立つパッケージなので、学校や会社に持っていくと「なに、それ?」と言われて会話のネタになること必至です。

裏面には完全栄養食のパンらしく、栄養成分がずらりと表示されています。

BASE BREADカレーパンのパッケージ(裏面)

BASE BREAD カレーの栄養素(対基準値)出典:BASE FOOD

栄養素は、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウムは控えめ

残りの栄養素はベースブレッドを2袋食べると、すべて1食分の必要量以上が摂れるという優れものです。

ただしカレーについては、1袋あたりの食塩相当量が1.21gと、ほかのベースブレッド(0.7g)に比べると塩分がやや多めです。

プー太郎
プー太郎

「しょっぱい系」だから多少塩分が多いのは、しょうがないね。

ベースブレッドの賞味期限は約1ヵ月

ベースブレッドの賞味期限は公式サイトで購入すると約1ヵ月ちょっとです。

我が家はこれまでに何度かベースブレッドが届いていますが、賞味期限はいつも35~40日くらいあります。

Amazonや楽天などで購入すると賞味期限はもう少し短くなることがあるようです。

BASE BREADの賞味期限はどれくらいですか?

BASE BREAD®の賞味期限は、ご注文日から約1ヶ月前後です。合成保存料をつかわず、水分や酸素のコントロールをおこなうことで、常温でも長期保存が可能となっています。

※amazonや楽天市場などのモールでは賞味期限は1、2週間程度と、公式オンラインショップ経由での購入より短い場合がございます。

BASE BREAD「商品について」より

プー太郎
プー太郎

ベースブレッドは公式サイトで買った方が、賞味期限は長いようです。

ベースブレッド カレーパンの大きさと重さ

ベースブレッドのカレーパンは一見小ぶりですが、手にしてみると割とずっしりしています。

ベースブレッドのプレーンと比較すると、直径はプレーンが約9cm、カレーが約7cmとやや小さめですが

ベースブレッドのプレーンとカレーの大きさを比較

重さはプレーンが71g、カレーが81gと、カレーのずっしり感がお分かりいただけるかと思います。

BASE BREADのプレーンとカレーの重量を比較

高さもプレーンが約5センチ、カレーは約4.5cmなので、見た目以上にカレーはボリュームがあるんですね。

実食したベースブレッド カレーパンの感想

BASE BREADのカレーを2つに割った断面

では、気になる味はどうでしょうか。

ベースブレッドのカレーは焼きカレーパンで、コンビニでよく売られている揚げたカレーパンではありません。

そのため好みが分かれるようで、2022年6月現在のAmazonのレビューでは3.4という微妙な評価でした(ベースブレッドの中で一番良い評価はシナモンの4.3です)。

 

私個人の感想としては、そのまま食べたら生地はボソボソしていて、ベースブレッドの中でも特に水分の少なさを感じました。

中のカレーも餡子のような硬さで、たとえるなら「パサついたカレー味のお饅頭」といったところでしょうか。

正直に言って「そのまま食べてもあまり美味しくないな」と思いました。

プー太郎
プー太郎

ベースブレッドのカレーパンは、加熱前提のパンみたいだよ。

パッケージの裏面にも「約40秒加熱してください」って書いてあるからね。

“約40秒加熱してください”と明記してあるBASE BREADカレーの袋

レンジで温めたら、ボソボソ感が消えて「しっとり感」は出たものの

私の評価としては、そのまま食べて★★、あたためて★★★くらいです。

 

★★★とした理由ですが、まずいというよりも私は揚げたカレーパンの方が好みだからです。

しかし油で揚げていないパンなので、レンジで加熱しても油っぽくならない点は、私もいいなと思いました。

休日の昼間に、レンジで温めたベースブレッドのカレーパンを冷たいビールで流し込むのは★★★★です(笑)

ベースブレッドを一番安く買う方法は?

ベースブレッドは公式サイトのほか、Amazonや楽天、ヤフーでも購入可能です。

その中で一番お得に購入できるのは、ベースブレッドの公式サイトです。

公式サイトは、初回が20%OFF、2回目以降も10%OFFで購入できます。

 

たとえば「カレーパン16袋セット」の販売価格を比較してみると、こんな感じです。

※公式サイトに「カレーパン16袋セット」はないので、商品一覧から16袋を購入した価格です。

BASE FOODロゴ公式サイト AmazonロゴAmazon 楽天市場ロゴ楽天市場 ヤフーショッピングのロゴYahoo!
セット内容 カレーパン16袋 カレーパン16袋 カレーパン16袋 カレーパン16袋
価格 3,380円
初回20%OFF
4,380円 4,380円
5,600円
1袋あたり 211円 274円 274円 350円
送料 送料込 送料込 送料込 送料込

価格は2022年6月1日調べ

プー太郎
プー太郎

公式サイトは1袋あたり211円だ。

Amazonや楽天と比べると、初回の公式サイトはちょうど1,000円安く買えます

2回目以降も3,732円(10%OFF)で買えるので、ベースブレッドは公式サイトで買うのがおすすめです。

\公式サイトは初回20%OFF/

公式サイトでカレーパンを購入する方法

公式サイトでカレーパンを購入するには「商品一覧」から「カレー」を選択します。

ベースブレッド公式サイト ⇒ https://basefood.co.jp/

ベースブレッドの商品一覧から「カレー」を選択

スマホで購入される方公式サイトの画面右上にメニューボタンがあります。

そこから「BASE BREAD ベースブレッド」のカレーを選択して下さい。

スマホからベースブレッドのカレーを申し込む

商品は合計2,400円以上になるように組み合わせて、必ず「継続コース」で注文しましょう。

※「1回のみお届け」を選択すると初回20%OFFが適用されません

ベースブレッドの「継続コース」を選択

「継続コース」は1回で解約してもペナルティなどは一切ないのでご安心下さい。

次回お届け予定日の5日前までに解約すれば次の商品は届きません

「継続コース」の解約は、スマホかパソコンで1分もあれば終わります。

BASE BREAD「継続コース」の解約方法こちら

継続する場合商品の種類や数量の変更次回のお届け日の変更が可能です。

その場合もお届け予定日の5日前までに手続きをして下さい。

\公式サイトは初回20%OFF/

BASE BREADとコンビニ3社のカレーパンを比較

コンビニ3社とBASE BREADのカレーパン

カレーパンというだけで、どうしても揚げてあるカレーパンと比較してしまうので、

いっそのことベースブレッドのカレーを、コンビニ3社のカレーパンと正式?に比較してみることにしました。

※ここに出てくるコンビニのカレーパンは、2021年5月に発売されていた商品です。

値段を比較

BASE BREADのカレーパン
BASE BREAD
セブンイレブンのカレーパン
セブンイレブン
ファミマのカレーパン
ファミマ
ローソンのカレーパン
ローソン
実際に
量った重さ
81g 99g 125g 125g
価格(税込) 180円 129円 130円 130円

ベースブレッドのカレーパンは、送料を含まない初回20%OFFの価格です。

ベースブレッドは完全栄養食だけあって、コンビニのカレーパンと比べると50円ほど高いです。

栄養成分を比較

BASE BREADのカレーパン
BASE BREAD
セブンイレブンのカレーパン
セブンイレブン
ファミマのカレーパン
ファミマ
ローソンのカレーパン
ローソン
実際に
量った重さ
81g 99g 125g 125g
熱量 253kcal 286kcal 388kcal 391kcal
たんぱく質  13.5g  4.9g  7.0g  8.4g
糖質 24.7g 31.1g 33.6g 34.2g
食物繊維 3.6g 1.7g 1.6g 2.5g
脂質 10.2g 15.4g 24.8g 24.0g
 食塩相当量  1.21g  1.8g  1.8g  1.7g

ベースブレッドのカレーパンは、たんぱく質と食物繊維の多さ、脂質の少なさではコンビニのカレーパンを圧倒してます。

ほかにも体に必要な26種類のビタミンとミネラルが含まれているので、栄養については文句なしです。

糖質量はほぼ横並びですが、ベースブレッドは全粒粉のパンなので糖の吸収が普通のパンよりも穏やかです。

▼GI値が低いほど、糖の吸収が穏やかです。

食品 GI値
食パン 95
フランスパン 95
精白米 88
うどん 85
パスタ 65
玄米 55
パスタ(全粒粉) 50
全粒粉パン 50

アルファ30「主な食品のGI値」より抜粋

糖の吸収が穏やかということは

「腹持ちがよい」「太りにくい」「眠くなりにくい」といったメリットがあります。

私はトラックドライバーですが、お昼にBASE BREADを食べると、たしかに食後は運転していても眠くなりにくいです(筆者の体験談)。

味を比較

BASE BREADのカレーパン
BASE BREAD
セブンイレブンのカレーパン
セブンイレブン
ファミマのカレーパン
ファミマ
ローソンのカレーパン
ローソン

味については、コンビニのカレーパンの方が圧倒的に美味しいです(私の感想です)。

ベースブレッドは合成保存料を使わずに水分や酸素量を少なくすることで長期保存を実現しています。

そのため、水分の多いコンビニのカレーパンに比べるとどうしても不利です。

 

コンビニのカレーパンで個人的に一番美味しいと思ったのはセブンイレブンのカレーパンです。

外はカリッと、パンはもっちり、中のカレーは一番とろーりしていて、そのバランスが絶妙でした。

せめてこのカレーがベースブレッドの中に入っていれば…、とさえ思いました。

辛さはベースブレッドを含めて似たりよったりですが、わずかにマイルドに感じたのはファミマのカレーパンでした。

中身のカレーの重さを比較

BASE BREADのカレーパン
BASE BREAD
セブンイレブンのカレーパン
セブンイレブン
ファミマのカレーパン
ファミマ
ローソンのカレーパン
ローソン
全体の重さ 81g 99g 125g 125g
カレーの重さ 15g 22g 39g 42g

なるべくスプーンでかき出しましたが、若干の誤差はお許し下さい。

カレーパンの中身のカレーの重さを4社で比較

ベースブレッドを除いて、食べているときはそれほど差を感じませんでしたが、

実際に量ってみるとセブンのカレーパンは全体量が少ない分、中のカレーも少なめでした。

BASE BREAD カレーパン(改)

先ほどかき出したこの4社のカレー

カレーパンの中身のカレー

せっかくなので混ぜてみました。

4社のカレーを混ぜたカレー

そしてこの4社コラボのカレーをベースブレッドにつめてみました。

混ぜたカレーをBASE BREADにつめた

プー太郎
プー太郎

おお、うまそー!

これぞ、味と栄養バランスを兼ね備えた究極のカレーパン(笑)

こんな感じで温めなくていいレトルトカレーを、食べる直前にベースブレッドに入れるというのはいかがでしょうか、BASE FOODさん。

\公式サイトは初回20%OFF/

最後に

ということで今回はBASE BREAD(ベースブレッド)のカレーパンを紹介してきました。

最後にまとめですが「栄養なんて気にしない!とりあえず美味しい揚げカレーパンが食べたい!」という方には味重視のコンビニカレーパンがおすすめです。

 

そして、以下のような方にはベースブレッドのカレーパンをおすすめします。

 手軽に栄養バランスの良い食事がしたい
 揚げてあるカレーパンよりも、焼いてあるカレーパンが好き
 カレーパンは食べたいけど、カロリーが気になる
 塩分控えめの食事を心がけている

カレーパンをはじめ、ベースブレッドが気になる方はぜひ試してみて下さい。

私も月に20袋くらいは食べてます。

本日は最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

\公式サイトは初回20%OFF/

コメント